オスモチンを含む食べ物

アディポネクチンと似た働きをする成分オスモチンを含む食べ物を摂る

動物由来のアディポネクチンの植物版といえるのが、オスモチンです。
内臓脂肪を減らし、善玉ホルモンを増やす為に、アディポネクチンと似た働きをするこの成分を含む食べ物の摂取も有効です。

オスモチンとは、植物たんぱくの一部で、アディポネクチンと似た構造をしているため、肝臓や筋肉でアディポネクチンと同じような効果を発揮するといわれている成分です。
もともとは、植物が害虫から身を守る為に持っている成分で、人間にとってはアレルギー物質となることもあります。

 

 

オスモチンを摂取すると、体内で糖・脂質代謝に重要な役割をはたすAMPキナーゼという物質を活性化します。
AMPキナーゼの活性化によりエンジンが加速して糖や脂肪の代謝がアップします。
そして脂肪が減ることが期待できます。
また、血糖値を下げる作用も確認されています。

 

 

オスモチンが多く含まれている食品は、
りんご、さくらんぼ、キウイ等の果物や、とうもろこし、トマト、ピーマンなどの野菜類です。
消化・分解されにくく、そのまま吸収され、アディポネクチンの代わりに働いてくれる事が期待されます。
スーパーなどで手には入りやすい食べ物ばかりですから、日常の食事で積極的に食べるようにしましょう。

 

⇒次に、
アディポネクチンを確実に増やす運動について説明します。

 

 

<参考>

 

オスモチン以外にも、アディポネクチンを増やす物質について研究がすすんでいます。
書籍「メタボリックシンドローム、がんも撃退する! 奇跡のホルモン「アディポネクチン」」の中で、著者の岡部医師は、こういった成分をもとにしたアディポネクチンサプリメントが開発されれば、どうしても痩せられなかった人、内臓脂肪を減らせない人、メタボリックシンドロームの人にとって頼もしい味方になるだろうと語っていました。

 

そして岡部正医師監修のサプリメントが発売に。

 


 

アディポネクチンとは?

 


記事ランキング