褐色脂肪活性化ダイエット-方法1:身体の外からの刺激

褐色脂肪活性化ダイエット-方法1:身体の外からの刺激

褐色脂肪は、外からカラダが冷やされると、体温を保とうとして活性化します。
この働きを利用して活性化しましょう。

身体の外からの刺激で褐色脂肪を活性化して増やす。

 

褐色脂肪を活性化するには、冷やすのが一番。

 

 

身体をあたためようとして交感神経が働き、褐色脂肪細胞が活性化します。
褐色脂肪の活性化により、皮下脂肪などの白色脂肪が燃えるのです。

 

 

効率よく活性化するためには、手や足を冷やすのが簡単。
5分ほどで褐色脂肪が活性化します。

 

 

冷たい水で手を冷したり、お風呂上りに足先に冷たい水をかけたりするのが簡単です。

 

 

また、水を入れたペットボトルを冷凍庫で凍らせておき、朝起きたら褐色脂肪のある肩下から首の下あたりに10~20秒くらい当てると1日脂肪が燃えやすい状態に。(心臓の弱い人はやらないでくださいね)
首が冷えすぎてイヤな人は手に持つだけでも効果あります。
身体(特に背中の上のほう)があったまってくるのがわかるはずです。
(※凍らせず16度程度が効果がるという説もあります。)

 

もちろん全身を涼しくするのも効果的ですから、プールで水中歩行するとか、冬こそ外へ出てウォーキングすると、運動をしながら褐色脂肪細胞を活性化できます。

 

 

褐色脂肪と白色脂肪←|→褐色脂肪活性化ダイエット-方法2:身体の内側からの刺激

 

記事ランキング