褐色脂肪活性化ダイエット-方法2:身体の内側からの刺激

褐色脂肪活性化ダイエット-方法2:身体の内側からの刺激

身体の内側からの刺激によって、褐色脂肪を活性化するには、食事が大切です。

身体の内側からの刺激で褐色脂肪を増やすには。

 

褐色脂肪細胞を内側から活性化するには食事がポイント。

 

まず、おいしいものをゆっくりと味わって食べると脂肪を燃焼しやすくなります。
これは、味覚と「よく噛む」効果からくるものです。
味わうことなく早食いするのはよくありません。

 

 

褐色脂肪活性化のためによい食材は、唐辛子
すっかりお馴染みになった、唐辛子の辛み成分、カプサイシンが自律神経に働きかけて褐色脂肪細胞を活性化します。

 

 

冷たい食べ物より、温かい食べ物の方がいいので、韓国料理やタイ料理などをハフハフしつつ、汗をかきながら食べるのがとってもおすすめ。
生姜など、身体を温めるスパイスが活性の決め手です。
食事をしているときに身体が温かくなったり、汗が出たりするのが、まさに褐色脂肪細胞の働きなんです。

 

 

また白色脂肪を効率よく燃やすために、交感神経を活性化するかんきつ類の香りを組み合わせると効果的です。
グレープフルーツの香りは脂肪燃焼効果があるということが科学的に証明されています。

 

 

褐色脂肪活性化ダイエット-方法1:身体の外からの刺激←→褐色脂肪活性化ダイエット-方法3:白色脂肪細胞を燃えやすくする

 


記事ランキング