褐色脂肪活性化ダイエット-方法3:白色脂肪細胞を燃えやすくする

褐色脂肪活性化ダイエット-方法3:白色脂肪細胞を燃えやすくする

褐色脂肪細胞の中にだけある脂肪燃焼のたんぱく質、UCP1を、白色脂肪細胞にも発生させれば、さらに燃えやすい状態にできます。

白色脂肪を燃えやすくするには?

 

褐色脂肪細胞の中にある脂肪燃焼のたんぱく質(UCP1)が、褐色細胞が活性化され、ある条件が揃うと白色脂肪細胞にも発生し、脂肪を燃えやすい状態にできるのです。

 

 

白色脂肪細胞にUCP1を発生させるために良い食べ物があります。
海藻類です。
海藻に含まれるフコキサンチンの摂取により脂肪燃焼のたんぱく質UCP1が増えるのです。

 

特におすすめなのは、ワカメです。

 

フコキサンチンを効果的に摂るためには、わかめを加熱しないで食べるのがよいとされます。

 

また、脂肪を燃やしやすくする為にはよく噛んで食べると、噛むことで脳に信号が届き、満腹感+脂肪燃焼につながります。

 

さらに、時々ガムをかむと効果が高められます。
1日に20分間を目安にガムを噛むのもお勧めです。

 

 

褐色脂肪活性化ダイエット-方法2:身体の内側からの刺激←

 


記事ランキング