水毒解消、体をあたためるレシピ

水毒解消、体をあたためるレシピ

内臓をあたためて水毒解消ダイエットをするために、
体をあたためるドリンクレシピをご紹介します。
簡単なものばかりなのでぜひ。


小豆ココア

 

小豆のカリウムが余分な水分を排出
ココアが内臓をあたためます。

 

作りかた
小豆15gと水300mlを小鍋に入れ、水が半量になるまで煮ます。
マグカップにココア(無糖)を大さじ1杯入れ、小豆の煮汁を注ぎます。
甘みが欲しい人は、低カロリー甘味料等を少量入れましょう。

 

小豆はご飯と一緒に炊いたり、お粥にしたり、使ってくださいね。

 

ココアは飲んですぐに身体があたたまり、数十分してからもう一度あたたまる働きがあるんですよ。
冷房で身体が冷えて具合が悪くなった時、いつもココアを飲んでなおしています。

 

 

しょうが味噌汁

 

体をあたためる食材といえば、しょうが!
味噌は大豆の栄養たっぷりで、沸点が高くなるため汁が冷めにくい。
飲んで内蔵をぽかぽかに。

 

作り方は、簡単。
いつもの味噌汁にしょうがのすりおろしを入れるだけです。

 

体をあたためる効果のある根菜を具にしたり、
血液さらさら効果のあるねぎの小口切りを添えたりすれば
さらに水毒改善効果が高まります。

 

 

しょうが紅茶

 

しょうがは体をあたためる働き、紅茶は保温の働きがあります。
ほっかほかコンビで体を芯からあたためましょう。
作りかたは、紅茶にしょうがのすりおろしを入れるだけです。

 

 

リンゴ酢紅茶

 

紅茶の保温作用とお酢の代謝アップ作用で水毒を改善します。
作り方は、紅茶にリンゴ酢を適量たらすだけです。

 

 

簡単に作れる水毒解消ドリンクで、内臓をしっかり温めて冷え性をなおし、
やせにくい体質を改善しましょう。

 

 

生姜は生で使うよりも、加熱したり乾燥させることで身体を芯から温めてくれます。

 

 

 

水毒撃退ダイエットトップにもどる

 


記事ランキング