脂肪吸収を抑制するレモン(レモンポリフェノール)

脂肪吸収を抑制するレモン(レモンポリフェノール)

レモン水ダイエットがネットで大評判になりましたね。
レモンのどの成分がダイエッにいいのでしょうか。

檸檬

 

レモンのダイエット効果は黄色い色素がキーポイントです。

 

レモンの色素成分は、エリオシトリンまたは、レモンポリフェノールと呼ばれ、
特に皮に多く含まれています。

 

 

これはポリフェノールの一種で、オレンジ、グレープフルーツなど他の柑橘果樹にはほとんど含まれていない、レモンやライム特有の成分です。

 

強力な抗酸化作用があり、がんや生活習慣病の予防に効果があります。

 

 

糖尿病のラットにエリオシトリンを投与したところ、肝臓、腎臓、血液の脂質過酸化量の上昇が抑えられたというデータもあります。

 

レモンポリフェノール(エリオシトリン)のダイエット効果は、
腸での脂肪吸収を抑制する働きがあり肥満予防動脈硬化予防に効果が期待できます。

 

このレモンポリフェノールの働きと、もうひとつレモンに含まれるクエン酸の代謝アップ効果よって体重減少が期待できるのです。

 

 

効果的なレモンポリフェノールの摂取方法について
レモン水ダイエットのやり方

 

 


記事ランキング