褐色脂肪と白色脂肪

褐色脂肪と白色脂肪

脂肪には褐色脂肪白色脂肪があります。

 

白色脂肪は、肥満の元凶ともなりうる細胞で、内臓脂肪や皮下脂肪など、普通、脂肪細胞というときは、白色脂肪細胞を意味します。

 

褐色脂肪細胞は、燃やし、発熱する働きをもった細胞です。
脂肪燃焼、熱産生に関わるUCP-1(非共役型蛋白)を含んだミトコンドリアが多量に含まれているからです。

食べたものがエネルギーになる時には、通常クエン酸回路と呼ばれるシステムに組み込まれるのですが、UCP(非共役型蛋白)を通ってしまうと、使われる前に熱となって失われます。
エネルギーのムダ使いのようなものですが、痩せたい人には好都合なことです。

 

 

でも褐色脂肪は、脂肪全体の1%程度しかなく、
背中の上のほう、背骨付近と肩や首の下あたりにだけ存在しています。
褐色脂肪の場所←ピンク色部分が褐色脂肪細胞

 

また、褐色脂肪は、赤ちゃん時にはたくさんありますが、年齢と共に減少し、肥満度が高い人ほど活性化しにくくなります。

 

 

しかし、褐色脂肪は、活性化することで増やせることが、研究によりわかってきました。
適当な交感神経刺激が続くと、白色脂肪が褐色化していき、UCP-1が出てきます。
そして、エネルギー消費が増えるのです。

 

 

では、具体的に、褐色脂肪細胞を活性化するためにはどうすればいいでしょうか?
→褐色脂肪活性化ダイエット-方法1:身体の外からの刺激

 

記事ランキング