水毒撃退ダイエット-水毒とは?

水毒撃退ダイエット-水毒とは?

水毒とは?
東洋医学の考え方で、体内に余分な水分がたまtってしまった状態をいいます。

水毒になると、身体が冷えて汗をかき難くなり、汗をかかないことで、むくみなど、さらに症状を悪化させます。
身体の冷えは、代謝低下につながり、内臓の冷えが便秘をひきおこし、老廃物をためこんでやせにくい体質をつくります。

 

 

内臓をとりまく脂肪にまで冷えが及ぶと、脂肪は燃焼されにくくなり、ためこまれた脂肪がさらに身体を冷やす原因になるという悪いサイクルができてしまいます。

 

 

特に女性は、子宮や卵巣など特有の内臓があるため、男性よりも骨盤内の臓器が複雑なため、下腹部で血液が滞りやすく、内臓が冷えやすいので水毒に対する注意が必要です。

 

 

片方の手でおヘソの上、もう片方の手でおヘソの下を直にさわってみて、下腹部のほうが冷たい人は、下腹の血流がとどこおって内臓が冷えている、つまり、水毒の状態です。

 

 

水毒は、運動不足、冷房等の環境要因、そして、冷たい飲み物などの食生活などが積み重なって起こります。
こうした要因をとりのぞいていくことで、冷えを取り除き、痩せにくい体質を変えていくことが可能です。

 

 

→次ページでは水毒危険度をチェックします。

 

記事ランキング