食べ方・食べる物でイライラ解消とダイエット成功が叶う!

食べ方・食べる物でイライラ解消とダイエット成功が叶う!

脂肪を合成する物質の大量分泌が、イライラや不安を誘発する物質を暴走させちゃうんです。ポイントになるのはインスリンです。

 

食事で脂肪の合成を促すインスリンが大量に放出されると、感情に関する神経伝達物質も異常に分泌されてしまうのだそうです。興奮系のドーパミンなどが過剰になったり(イライラのもと)、幸せを感じるホルモンといわれるセロトニンが減ってしまい(不安のもと)、集中力の低下、イライラ、不安、眠気などのうつ症状が誘発されてしまいます。
脂肪は活発に合成されていくことに。

 

インスリンを大量に出さない為の食事のしかたは、

1.糖分や炭水化物を減らして、タンパク質を増やす。

 

インスリンの大量放出は、血糖値の急上昇が原因で発生します。
血糖値は、糖分や炭水化物によって上がるので、甘いお菓子や果物、ご飯やパン、麺類、パスタなどの量を控えるといいのだそうです。

 

うつの症状がある人は、これらをゼロにしてもいいくらいで、
食べるなら1日の量を
ご飯は握りずし大を6個分くらい、
パンなら食パン2枚、
麺やパスタは1日1食だけ
が目安だそうです。

 

まあ、これくらいならできそうかなっていう気もしますね。
そのかわりに、魚、肉、豆類、ナッツを増やしましょう。
ダイエットを考えればお肉は脂身の少ない赤身を選択したいものです。
お豆腐などの大豆製品もオススメです。

 

2.血糖値がゆるやかに上がるような順番で食べる。

 

食物繊維やタンパク質を先に食べてから炭水化物など血糖値のあがる食べ物を食べることで、急上昇を防ぐことができます。
肉などのメイン料理や野菜、キノコ類などを先に食べるのがおすすめ。

 

食事はカップラーメン、なんて時にも、コンビにでもサラダ、ゆで卵、豆腐、魚肉ソーセージ、枝豆なども買えますので、先に食べるようにしてみるといいです。おつまみのナッツとかでもいいでしょう。(塩分には注意ですが)
カロリーが増えちゃう感じがするかもしれませんが、炭水化物に栄養が偏っていると太りやすいんです。

 

血糖値の急上昇を抑えれば脂肪合成も抑制されるし、感情物質の暴走も防げます。
賢く食べて、ダイエット成功もイライラ解消も。
一石二鳥!

 

記事ランキング