骨盤の歪みで太る

骨盤の歪みで太る

骨盤の歪みはどうして太る原因になるのでしょうか。

 

骨盤が一方に傾くなどして歪みが出ると、本来よりも稼動域が小さくなり、関節の動きが制限されてしまいます。
きちんと動かせる場所と動かない場所が出てきます。
例えば横座りするときに、右側は座りやすいけれど、左側は座りにくかったりすることがあると思います。そういう場合は関節を左右対象に動かせなくなって稼動域も小さくなっている部分があるのです。

 

骨盤や関節の周りには必ず筋肉があります。

動きにくい(動かさない)部分の筋肉は使われないので、柔軟性を失い鈍っていきます。
その動かさない部分に脂肪がどんどん溜まっていくのです。

 

一度ついてしまった脂肪は、その部分を動かさない限りは、そこに滞留し続けます。
そして、新しく脂肪もついていくという悪循環に陥ります。

 

この状態では脂肪が動かないため、食事制限をしてもダイエットが思ったとおりには成功しずらいのです。
カロリーを減らして辛い思いをしても痩せない、特にサイズダウンしないなぁと思う人は骨盤の歪みを疑ってみてもいいかもしれません。
女性はお産で骨盤が一度開き、その後しっかり戻りきっていない人もいます。
仙骨が出て、体育座りすると痛いという方はおそらく骨盤に歪みがあります。

 

 

骨盤の歪みが太る原因になっているということは、歪んだ骨盤を正しい位置にもどしてあげれば、体質改善できるということです。
関節の稼動域が広がり、筋肉が動いて柔軟性を取り戻します。

 

そうすれば、リンパや血流もよくなりますから、脂肪も老廃物も効率よく体外に排出できるようになっていきます。

 

骨盤矯正は、筋力トレーニングと違い、とても簡単な体操をするだけ大丈夫です。
骨盤ベルトをしながら行なうのであれば、もっと簡単な体操で、効率よく効果をあげることが可能です。複数の鉛筆やお箸をそろえようとする時、手で丸く揃えてトントンとすると早くそろいますよね?その手で行なっているのが骨盤ベルトの役割です。

 

骨盤ベルトでのダイエットは、簡単だけれども、効果が出ているのかどうなのか、しばらく体感はありません。
巻いたその日に必ずいくらかはサイズダウンしますがその後、何も起こらないような感じになります。
それでも、しばらく続けていると、ある日急に体重がストーンと落ちます。
そういう体重減のしかたが骨盤ダイエットでは特徴的です。

 

やや生半可にのんびりと痩せたい方に最適のダイエット方法です。
体重減とサイズダウンの両方が同時にできます。

 

とても健康的に痩せられるので他のダイエット方法と併せて行なうのもいいと思います。

 

 

関連記事:

 

わたし自身が1ヶ月ちょっとで4キロほど食事制限なしのダイエットに成功しました。
骨盤ウォーカーベルトの体験記

 

骨盤ベルトなしでできますので、骨盤が歪んでいるかも?という方は今日からぜひやってみてください。
骨盤ダイエット体操 やり方

 

履いて寝るだけの骨盤ルームパンツを紹介します。管理人も愛用しています。
おやすみ骨盤サポートパンツについて

 

 



 

記事ランキング