冬に太りやすいのは日照時間が短いせい?[冬季うつ病]

冬に太りやすいのは日照時間が短いせい?[冬季うつ病]

秋にって、急激にすごく眠気を感じるようになったり、集中力がなくなったりするのを感じていたら、それは日照時間が短くなったことが原因かもしれません。
冬に限って朝がツラいというのも、寒いからだけではないかもしれないのです。

冬は日照時間が短くなる為、体内時計をコントロールしている、メラトニンやセロトニンといったホルモンの働きが鈍ってしまいがちなんです。
朝起きたときに太陽の光をしっかり見られないので、きちんと目覚めることが出来ず、睡眠が長くなりがちになり、それがうつ傾向につながったりするのだそうです。
そして、春になるとなおっちゃう。
これは季節性感情障害で、冬に出やすいことから冬季うつ病とも呼ばれます。

 

通常うつの人は食が細くなるのですが、冬のうつに特有なのが食べ過ぎがちになって太りやすくなる傾向にあること。

 

日常生活に支障をきたすほどでなければ、治療をする必要はありません。
予防策としては、朝起きたら太陽の光を積極的に見るようにするといいそうです。
病気と判定された方たちは人口の光を使った光治療を行なうのだそう。

 

秋から冬にかけてだけ、起きられない、集中力がガクンと落ちる、眠くてしかたがない、食べ過ぎがちで太りがちになる。
これらの事柄に思い当たるという人は、質のよい睡眠をとること、朝日を見ることを心がけてみてはいかがでしょう。

 

記事ランキング