スポンサーリンク

【糖質制限の危険】と危険の回避方法について

糖質制限食を続けることの危険性はあるのでしょうか?心配に思う方もいると思います。
脳のエネルギーが不足する?動脈硬化になりやすい?そんな疑問にお応えします。


糖質制限は危険?

脳がエネルギー不足になる?

糖を摂らないと脳のエネルギーが不足するのでは?ということについては全く問題がなく、脳はケトン体をエネルギーにすることができます。糖質制限をするとケトン体が体内に増えることがわかっています。また、糖新生という機能で体内で糖を作り出すこともできます。エネルギー源という意味での危険性はないと考えていいと思います。
しかも糖質制限は1日に食べる糖質量を制限するのであってゼロにはしません。また野菜などにも糖質は含まれており、ゼロにはなりません。


動脈硬化になる?

炭水化物や砂糖などに多く含まれる糖質を制限する替わりにたんぱく質をエネルギー源として食べる糖質制限食では、自然に肉類を食べる機会も食べる量も多くなります。
たんぱく質として食べるものは肉・魚・卵・乳製品・大豆や大豆製品なのですが、肉類ばかり食べているとたんぱく質と一緒に動物性の脂肪を必要以上に摂ることになり、危険はここに潜んでいます。


乳製品や肉類などから動物性の脂肪を摂り過ぎると、血液中に余分なコレステロールが多くなり、血管壁にくっついてプラーク(コブ)を作ります。これが動脈硬化です。動脈硬化が進むと何かの刺激でプラークがはがれて血管を詰まらせる危険が高くなります。冠動脈でこれが起こると心筋梗塞や脳梗塞を起こし、命に関わることもあります。

もし喫煙しているとコレステロールが酸化し危険性はさらに高くなります。


この危険を感じさせる例として先日「主治医が見つかる診療所」の健康診断スペシャルで、糖質制限を徹底して行い、定期的に運動をする習慣もある宍戸開さんに頸動脈プラークが見つかりました。


宍戸開さんはこの他にも7つの大腸ポリープなど問題が見つかり、出演者の中で最も深刻度が高いと診断されてしまいました。番組では、頸動脈プラークの原因として医師から以下のように解説されています。


「糖質制限をしている宍戸さんは肉を食べる機会が多く、肉に含まれる動物性の脂は体内の悪玉コレステロールを増やしてしまう可能性がある。また、酸化コレステロールが多い原因はタバコ。」
(主治医が見つかる診療所サイトより引用)


宍戸さんには7つもの大腸ポリープが見つかりました。幸い悪性腫瘍ではありませんでしたが、危険性は高い状況でした。


大腸がんの原因のひとつは食生活の欧米化と言われています。魚・野菜の煮物・ご飯といった内容から肉や乳製品を多用する高脂肪高カロリー食になったことが原因とされているのです。糖質制限食では、気をつけないといわゆる欧米化した食事になりがちです。
宍戸開さんの大腸ポリープはタバコが大きな原因となっていました。


このように、糖質制限で動物性脂肪を多く摂ることを長く続けることで心血管疾患などの危険度が高まると考えられます。


危険を回避する方法

このような動物性脂肪による危険を回避するには、たんぱく質の選び方に注意すればよいのです。タンパク源は肉・卵・魚介類・大豆や大豆製品が考えられます。


大豆・大豆製品

大豆は天然のコレステロール低下薬とも呼ばれるほど動脈硬化を防ぐのに適した食品といわれています。良質なたんぱく質を含みながら低脂肪です。また、大豆イソフラボンなど健康に良い成分が多く含まれています。大豆をそのまま食べれば食物繊維も豊富です。
大豆は糖質制限の中でも積極的に食べたい食材です。


魚介類

魚も低脂肪なものが多く、青魚の脂は中性脂肪値を下げることがわかっているEPAや脳によいDHAなど、身体によい脂です。


肉・魚・大豆をローテーションして食べる

魚・大豆を肉(動物性食材)とローテーションして食べることで危険を減らすことができるのです。
肉類を食べた次の食事では魚か大豆を食べるようにするのがお勧めです。

また、お肉も脂肪の少ない部位を選んだり、脂を落とすような調理法を工夫するなどすれば動物性脂肪のとり過ぎにならないようにできます。

ダイエット的にも脂の摂取を減らすことでより成果が出やすくなります。


食物繊維や野菜を食べる

さらに、血液中の余分な脂質量を下げるため、食物繊維(特に水溶性食物繊維)を多く食べるのがお勧めです。ネバネバ食材や海藻類、きのこ類を積極的に食べましょう。
効果的にLDLコレステロールなど余分な脂質値を下げるには、1日に8g以上の水溶性食物繊維が目安量だそうです。

また、ビタミンやミネラルなども身体に必要な栄養素です。また、コレステロールを酸化させて動脈硬化を加速させる超悪玉コレステロールにする活性酸素を減らしてくれるポリフェノールも摂るために野菜類をしっかり食べることも重要です。


タバコは厳禁

どんなに健康的な食生活をして運動を定期的にしていてもタバコがすべて帳消しにしてしまいます。
病気の危険を回避したいなら喫煙は厳禁です。


広告 ダイエット食品10年連続第1位は?



Pick Up!

骨盤ダイエットベルトの体験談 2日で1.6kg減!お腹マイナス8cm! 効果があった痩せるダイエットサプリメントTOP3

記事ランキング

2016年02月15日 10:11