リバウンドしないダイエット-注意事項その2

リバウンドしないダイエット-注意事項その2

ダイエットを一定期間やって、目標体重に達したけれど、もとの生活にもどしたらリバウンドした、という話を時々ききます。

 

もとの生活にもどしたらリバウンドするのはあたりまえです!

 

元の生活にもどしたらリバウンドしたという場合、
体重を落とす為にしたダイエット方法やダイエット食品が効果がなかったわけではありません。
効果はあったけれど、完全にダイエットをやめたから元の状態にもどったというだけです。


元の生活で太ったという事実があることを忘れてはいけません。

 

 

太った原因は、多くの場合、体が必要としている以上の飲食です。
それは人により、おやつの食べすぎ、甘いジュースの飲みすぎ、夜中の飲食、ごはんのおかわり、脂っこい食べ物ばかり食べる・・・などなど、それぞれに違った原因があるものです。

 

 

ダイエットをしながら、太った原因となる生活を少しずつ改善していくのがリバウンドしないダイエットです。

 

 

そのためには、まずは原因を知る事。ダイエットを始める前に、自分の食生活をしっかり調べてみることをおすすめします。
やり方は簡単です。

 

 

毎日、食べたものを時間と一緒にメモするのです。
この期間はダイエットはせずに、ただ食べたものを記録してください。
1週間くらい続けてみると、自分の太る生活の傾向が見えてくると思います。
少なくとも、あれ?結構食べてるなー、ということはわかると思います。

 

 

この食事記録と毎日の体重計測だけで、ダイエットをしていないつもりなのにやせちゃったという人もいます。

 

 

わたしも食欲が大きくなってくると、この食事メモを開始します。
書くのがめんどくさいから、おやつを食べなくてもいいやと思ったり、食べたリストを眺めて「食べすぎだなぁ」と意識しただけで、不思議と軽めの食事になったりするんです。

 

 

ダイエットする前段階として、自分が食べ過ぎていることを意識しておくことはダイエットの成功のために効果があります。
また、ダイエット成功後、体重キープのためには絶大な効果を発揮します。
できればご自分の食べ過ぎポイントを把握しておき、ダイエット開始とともに、その原因を取り除くように少しずつトレーニングしてください。

 

 

食生活の改善はどんなダイエットをする場合にも必ずやらなければいけないことだと心得ましょう。

 


記事ランキング