今の体重は昨日までの行動の結果である

今の体重は昨日までの行動の結果である

体重を自分とか環境とかに変えてみると、まるで自己啓発の本に出てきそうな言葉です。
仕事や人間関係、自分が置かれている経済的状況は、昨日までの自分の行動が作ってきたもの。
同様に、美容も体重のことも自分の行動の結果なのです。ましてや仕事などと違って他人からの影響を受けにくいものだから、自分の全責任と納得もしやすい。


「実際にその体重になったのは今ではなく、昨日までの自分の食生活、食事量、運動量の結果であり、過去のデータであるということを忘れてはならないのです。・・中略・・長い年月をかけてたどりついた今の結果を理想の未来の結果に繋げていくには、行動を改める以外に方法はありません。」
[ミスインターナショナルデザイナーが教える たった1ヶ月できれいになれる奇跡の法則より]

 

わたしは毎朝、体重を測ります。
カロリーだけ減らして家でゴロゴロしてても体重が落ちなくて、運動らしいことをしていなくても、外出してわりとよく歩いた日にはダイエットを意識していなくても体重がいい感じに減っていたりします。

 

食事に少し気を付けて、わりとよく歩き、エクササイズした日が一番いい結果が出る気がします。当たり前の結果だけれど、そんなことに気付けるのは、体重を今何キロと確認するだけじゃなくて、過去の行動のデータとして見るからこそ。
今の体重を過去の行動の結果としてみると、何をすれば自分は痩せやすいのかもわかってきます。

 

体重を測る時には、現状の確認だけではなく、どうして今この体重なのかを考えてみましょう。
毎日の数値の変化と行動データをあわせて見ることで、ちょっとした運動(少し遠くまで買い物に行ったとか)もダイエットの為になっていることなどがわかると、モチベーションもきっとあがりますよ。

 

以下の本の1つの記事から広げてみました。

 

 

 


ミスインターナショナルデザイナーが教える たった1ヶ月できれいになれる奇跡の法則

 


記事ランキング