女子が11才で肥満だと学業成績が振るわない!?

女子が11才で肥満だと学業成績が振るわない!?

benkyo.jpg
3月11日にInternational Journal of Obesityのプレビュー版として発表された原稿によると、女の子が思春期に肥満だと学業成績に支障が出るそうです。

体重をBMI値で標準体重、太り気味、肥満の3つのグループに分けて11才、13才、16才の時点での体重と学力の関係について調査したイギリスの研究データです。
benkyo.jpg

 

11才の時点で肥満と判定された女子はその後体重をコントロールしても学力は低めでした。
11才で肥満、13才、16才でもやはり肥満だった女子は明らかに学力が低く、思春期に長期間肥満体重のままでいることの学力への弊害が確認される結果となっています。
11才で肥満でなくても太り気味の場合も似たような結果が出ています。

 

 

男子の場合は、肥満や太り気味だと成績は低めになるが、女子ほどの顕著な違いは見られなかったという結果でした。

 

 

じゃあBMIがどのくらいから?と思いますが、使われていたデータはBMI z-scoreといって標準との差を示す偏差値データなので明確にいくつというのは示されていません。
まわりの子たちよりも明らかに太っていたら学業成績に支障が出ることを憂慮しなければならないかもしれません。

 

レポート原文(英語)http://www.nature.com/ijo/journal/vaop/naam/pdf/ijo201440a.pdf

 

 

ちなみに成人の場合は
BMI20未満・・・やせぎみ
BMI20~23.5・・・標準
BMI23.5~25・・・太り気味
BMI25以上・・・肥満
です。
BMI値についてはこちらの記事に詳しく記載しています。

 

 

アメリカの研究でも子供の肥満は脳に悪影響を及ぼすことが示され、肥満による学校での成績不振から、その子の将来(年収など)にマイナスの影響を及ぼすことが懸念されています。

 

大人の肥満が思考能力や集中力に悪影響を及ぼすという研究データもあり、肥満が健康問題だけじゃないことがわかります。
太っている人は痩せていたらもっと高い能力が発揮できる可能性があるかも!

 


記事ランキング