内脂サポート

スポンサーリンク

FANCL”内脂サポート”は特別なビフィズス菌で肥満解消にアプローチ

内脂サポート

ファンケルの内脂サポートは、特別な2種類のビフィズス菌で肥満解消にアプローチするサプリメントです。体重・体脂肪を減らす機能性表示食品です。他の機能性表示食品と違うのは、このサプリメントそのものを使って臨床試験を行い、その結果を開示していること。

 

ファンケル社発表のプレスリリースによると

当社がBMIが高めの男女59人に24週間にわたり行った臨床試験(ランダム化二重盲検並行群間比較試験)では、内脂サポートとプラセボ(成分を含まないカプセル)の比較で、@体重・体脂肪が減少A腹部脂肪面積が減少B腸内環境が改善――という結果が出ています。

ファンケル内脂サポートのページには、グラフを使用した臨床試験結果がありますので、興味のある方はチェックしてみてください。
ファンケルオンラインはこちら



内脂サポート

内脂サポートは腸内環境と脂肪の蓄積の関係に着目しています。プレスリリースでは、以下のように書かれています。

 

生活習慣病などの原因「肥満」解消への新アプローチ

高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となる肥満を解消する新知見として注目されているのが、腸内環境を整えることです。同製品はこれに基づき、臨床試験で「体重と体脂肪を減らす」ことを確認した機能性表示食品(届出番号:B330)です。

 

同製品に含まれる機能性関与成分「ビフィズス菌BB536」と「ビフィズス菌B-3」が腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑制。同じく機能性関与成分「N-アセチルグルコサミン」が腸管粘膜を強くし、バリア機能をアップさせます。

 

腸内環境が良好になることで、脂肪の蓄積を抑制し、消費を促進する「短鎖脂肪酸(酢酸や酪酸など)」が増え、これが腸管から吸収されて全身へ送られることで体重と体脂肪を減らします。

 

酢キャベツダイエットなどで酢の酢酸が腸内環境をよくしてダイエットにいいことが言われています。口から入った酢の酢酸のすべてが大腸まで届くわけではありません。ビフィズス菌なら大腸の中で酢酸を発生させることができるのです。内脂サポートは特殊製法の胃酸に強いカプセルでビフィズス菌を大腸まで届けます。

 

内脂サポートの3つの成分

内脂サポートに配合されている3つの成分についてご紹介します。

 

ビフィズス菌BB536(B.longum)

ビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536)は赤ちゃんの腸内から発見された、ヒト由来のビフィズス菌です。腸内を酸性に保つことで悪玉菌を減らしバリア機能などを良好に保つように働きかけます。酸や酸素に強く、人のおなかに敵したビフィズス菌です。1日分の内脂サポート4粒あたりにビフィズス菌BB536が100億個含まれています。

 

このビフィズス菌BB536は、森永が発見したビフィズス菌で、おなじみのヨーグルト「ビヒダス」にも使われています。ビヒダスヨーグルトには100g中に20億個含まれています。だから、ビヒダスを1日に500g食べるのと同じだけのビフィズス菌BB536を内脂サポート4粒で摂取できることになります。

 

 

ビフィズス菌B-3(B.breve)

ビフィズス菌B-3は、腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスと肥満の関係に着目して森永乳業のビフィズス菌研究により発見された特別なビフィズス菌です。太りやすさの原因をブロックしてくれるビフィズス菌です。体脂肪を減少させたい場合は毎日コンスタントに摂り続けるのがいいそうです。内脂サポートには、1日4粒あたりビフィズス菌B-3が50億個含まれています。

 

 

N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミン(N-ACETYLGLUCOSAMINE)(NAG)は、カニやエビの殻などを原料とするアミノ糖です。腸を守る粘性のムチンに含まれる成分です。ムチンは加齢などにより減ってしまうそうです。N-アセチルグルコサミンの摂取は腸を守る力を強化し、腸内フローラの多様化にも貢献するそう。N-アセチルグルコサミンは、内脂サポート1日4粒に238mg含まれています。

 

 

エビ・カニ・卵・乳にアレルギーのある方は飲むのを避けましょう。

 

内脂サポートの口コミ

内脂サポートを実際に飲んだ人の口コミをチェックしてみると、このサプリメントはなかなか有望です。お腹の調子が良くなるだけじゃなく、体重変化、見た目の変化を感じている人が多く、他人から変化を指摘されたという人も。口コミを見る限り試してみる価値はありそう。

 

乳酸菌やビフィズス菌は合う合わないがある成分といわれています。ヨーグルトも2週間程度毎日食べて、体調の変化がなければ別のものにトライするのがいいそうです。内脂サポートもビフィズス菌がメインのサプリメントのため、体重が増えたり、お腹の調子に変化がない場合は自分の腸には合わないと判断するのがいいかもしれません。

 

 

まずは飲んでみないとわからない!

ファンケルのサイトでチェック☆

ファンケルオンライン

 

 

記事ランキング