成功者が体重を確実に落としたダイエット食品の使い方

成功者が体重を確実に落としたダイエット食品の使い方

ダイエット食品は、上手に使えば、びっくりするほど簡単に減量できます。
成功した人たちがやっている方法とは?


ダイエット食品で成功するコツ

 

ダイエット食品はプラスアルファ法や1日おき法などで上手に使おう!

 

ゆるやかでも確実に体重を減らしたいのなら、ダイエット食品をこんな風に使うとストレスを軽減しながら体重を落す効果も実感できるという方法をご紹介します。

 

 

今までのイメージは、ダイエット食品で体重減を狙う場合、一気にたくさん体重を落したい場合は、夕食(または1日2食)をダイエット食品におきかえて、それを毎日続けるというやり方ですよね。

 

 

ダイエット食品に身体がなれてきて胃が小さくなれば、このやり方でもそんなに辛くなくなると思いますが、普通の食事をしてきた人がいきなり毎晩おきかえダイエット食品だけにすると、結構ストレスになります。

 

 

急いで体重を落したい場合でも、毎晩ダイエット食品だけにするのは連続1週間行ったら数日お休みするといいと思います。飽きずに続ける工夫です。

 

 

では、ここからがダイエット食品の上手な使い方の本題です。

 

ダイエット食品プラスアルファ法

 

まずはダイエット食品プラスアルファ法。

 

これは、ダイエット食品ともう少し何か食べるという方法です。
ダイエット食品を使って成功している人には意外とこの方法でダイエットした人が多いのです。

 

 

100kcal程度までを目安に、野菜、果物、たんぱく質を含む食材を追加します。
脂肪はできるだけ摂っちゃダメです。

 

 

ダイエットドリンクにサラダをプラスしたり、ダイエットゼリーにフルーツをトッピングしたり、ダイエットスープに糸寒天やわかめを具として入れてみたり、お豆腐を一緒に食べたり、、、工夫次第でいろいろ食べられます。
わたしはダイエットクッキーを軽く割ってフルーツを少しとヨーグルトをかけて食べたりします。

 

 

見た目にも食べた感じも満足度がアップ、さらに空腹感も薄くなるのでストレスが軽減できます。
このくらいの食品追加なら体重はちゃんと減りますのでご心配なく。

 

 

この方法なら毎晩ダイエット食品でも、プラスアルファの食材を変えていけば、飽きる事なく、続けやすいんです。

 

ダイエット食品で1日おきダイエット

 

もうひとつのやり方は、1日おきダイエット。
これは文字通りです。毎日だと食べてないというストレスが溜まってきがちなので、普通食をはさむんです。

 

 

1日おきに夕食をおきかえてもいいし、夕食をダイエット食品におきかえた次の日は昼食をおきかえて、交互に食べていくのもいいと思います。

 

 

ダイエットも継続することが大事です。
辛いのを何日もがまんして体重を落としても、ストレスでどか食いに走ってしまったらリバウンドしちゃうかもしれません。
辛いと感じたら普通食を食べて、自分をあまり追い込まないほうが長い目で見れば成功への近道なんです。

 

 

そして大事なことは、ダイエット食品でおきかえる時以外の食事でも少しずつ小さいダイエットを積み重ねていくこと。
ごはんの量とか、おやつは夜食べないとか、揚げ物は食べる回数を減らしていくとか、、、自分なりにできる小さなダイエットを見つけて習慣化するとダイエット食品を使わなくてもいいようになってきます。

 


記事ランキング