[EPAの特保ドリンク]イマークは肉食のドロドロを救う

[EPAの特保ドリンク]イマークは肉食のドロドロを救う

ニッスイのイマーク青魚がダイエットにいいとか、血液をサラサラにするということは、なんとなくご存知の方も多いでしょうか?
お肉や高カロリー食が多い現代の食生活は少しずつドロドロが溜まってやがて大きな健康の差に。
それを救ってくれるのが。青魚成分のDHAとEPA。
どちらも血液をさらさらにして血中の脂肪を減らす働きがあります。

 

イマークはEPAを中心にDHAも入っているトクホ(特定保健用食品)のドリンクです。


EPAは現在、閉塞性動脈硬化や高脂血症の治療薬として使われています。
お薬としてEPAを研究開発したのがニッスイと千葉大学。その技術を持っているニッスイが、お医者様しか扱えなかったEPAを誰でも摂取できるようにしたのが「イマーク」です。
今のところ、EPAのトクホドリンクは、イマークしかありません。
ニッスイのイマーク
[飲んでみました!ヨーグルト味で美味しいです♪]

 

 

魚好きでも意外と摂れていないEPA

 

よくお魚を食べている人ならEPAが充分に摂取できているかというと、実は摂れていないのが現実です。
EPAは青魚の油に含まれている為、焼いて油を落としてしまうと、一緒に落ちてしまいます。また、白身のお魚にはEPAは含まれていないので、いくら食べても摂れていません。
充分なEPAを摂取するには、まいわし4匹分の刺身を毎日食べ続けなければいけません。ちょっと無理そうですよね。

 

 

イマークは青魚アレルギーの人が飲んでも大丈夫

 

アレルギーはある種のタンパク質に対しておこります。EPAは油なのでアレルギーをおこす心配はありません。また、イマークは油成分のみを抽出して利用し、タンパク質部分を一切使っていないので安心して飲めます。
生臭さもないので魚が嫌いという人でも飲めます。味は飲むヨーグルトとほぼ同じ。

 

 

中性脂肪値とLDLコレステロール値が高い人はすぐに対策すべし

 

中性脂肪値が高いと、コレステロール値が低い人でも、動脈硬化を起こす危険度が高い小型化した超悪玉LDLが増えることがわかっています。
両方の値が高い人はすぐに対策をしたほうがよさそう。

 

毎日1本飲むだけで2ヶ月で中性脂肪が20%減というイマーク。
5分の1下がるっていうのはうれしいですよね。
健康診断の数値で効果を実感です。

 

イマークのお試しセットは、通常価格3,150円のものを
初回のみ1,050円で購入できるお得なセットです。

お申込みはこちらから
「イマーク」10本お試しセット

 

保存がきくタイプ「イマークS」は常温で保存できます。
イマーク

 


記事ランキング