100円ショップの大豆バー もっちり大豆バー

100円ショップの大豆バー もっちり大豆バー

ローソングループ オリジナルブランドのバリューライン(VL)から大豆バーが発売されています。
「もっちり大豆バー」は、大豆粉を使用したクッキーバーで、ローズヒップ ポリフェノール含有エキスが配合されています。
ローソンバリューライン 大豆バー

 

味は3種類。
バナナ(カルシウム配合)、
ブルーベリー(赤ブドウ ポリフェノール含有エキス配合)、
ストロベリー(イチゴ種子ポリフェノール含有エキス配合)


大塚製薬のソイジョイ[SOYJOY]に似ていますね。
ソイジョイをご存知の方は多いと思いますので比較しつつローソンのもっちり大豆バーを紹介してみたいと思います。
ソイジョイと大豆バー

 

材料の違い

 

一番大きな違いは大豆粉100%ではないことだと思います。
ソイジョイは生地のベースに大豆粉のみを使用していますが、大豆バーは豆乳粉末や小麦粉も加えています。
原材料名をみると、書いてある順番通り(=配合量が多い順)に以下のようになっています。

ソイジョイSOYJOY

大豆粉(遺伝子組換えでない)、レーズン、バター、砂糖、アーモンド、オレンジピール、卵、パパイヤ、難消化デキストリン、パイナップル、脱脂粉乳・・・

もっちり大豆バー

マーガリン、大豆粉、砂糖、調整豆乳粉末、レーズン、難消化デキストリン、鶏卵、小麦粉、アーモンド、パイナップル・・・

 

 

味はどちらもおいしい

 

生地ベースの違いは、味の違いつながります。
切り口
ソイジョイはドライフルーツがかなり多く入っていることもあり、フルーツの味が強いです。
もっちり大豆バーは、クッキー部分の味が濃いです。小麦粉なども使っているのでしっかりもっちりとした食感です。
大豆バーにもレーズンやパイナップル、アーモンドなどが練りこんであります。
どちらもおいしいです。

 

大きさは若干違う程度。どちらも1本30gです。
ソイジョイと大豆バーの大きさ

 

栄養成分的は、基本的には大きくは違っていないみたいです。

SOYJOYオレンジ大豆バー ストロベリー
エネルギー:134kcal

タンパク質:4.6g
脂質:7.2g
糖質:11.6g
食物繊維:3.2g

エネルギー:139g

タンパク質:4.4g
脂質:6.6g
炭水化物:15.4g

 

※炭水化物=糖質+食物繊維

 

 

100円で安いから大豆バーを食べよう。
と、思ったら、ソイジョイは我が家の近所のドラッグストアでは88円で売っていたり。
どちらもタンパク質のとれる健康的なおやつクッキーということで、適宜ダイエット中の間食などにお役立てください。

 

カロリーはほどほどありますので、食べ過ぎにはご注意ください。

 


記事ランキング