ボディコアダイエット-1日3分のボディコアトレーニング

ボディコアダイエット-1日3分のボディコアトレーニング

ボディコアを鍛えるための、誰にでも簡単にできる運動を紹介します。
この運動は、メタボリックシンドロームの改善にも適しています。


脂肪を燃焼しやすい体質作りの為に、以下の3つのボディコアトレーニングを1日合計3分間行いましょう。

 

ボディコアトレーニング(1) ぞうきんしぼり

 

足を肩幅に開いて立ち、胸の中心に指先がくるように腕で和を作ります。
まず息を吸ってスタート。
息をはきながら身体をひねり、普通に呼吸しながら5秒キープします。
そして息をはきながら元にもどります。

 

左右10回程度行います。

 

ボディコアトレーニング(2) イス腹筋

 

ヒザの後ろにこぶし1つ入る深さに腰掛けます。
背筋をのばして、床から両足を浮かせます。
10秒キープ。
足のつけ根から足を持ち上げるように意識して行います。

 

回数は適当でOK。

 

腹筋が弱くて、上体を後ろへ反らさないと足が持ち上げられない人は、片足ずつ行います。

 

ボディコアトレーニング(3) 横V字

 

まっすぐ横向きに寝て、上になる手を床にそえます。
息をはきながら、上になっているほうの足を45度の高さまで上げます。
5~10秒キープ。
ゆっくりおろします。

 

左右同様に、適当な回数行います。

 

ボディコアトレーニングに加えると、さらに内臓脂肪の燃焼を助ける運動

 

足踏み運動(その場足踏み)

 

ヒザを高く上げ、腕を大きく振ってその場足踏みを1分間連続で行います。

 

 

ボディコアトレーニングの3つの動作の間に足踏み運動をはさんでサーキット運動にするのもいいですね。

 

ちなみに、この運動を1ヶ月続けて、ややメタボだった男性が、
体重:65.5kg → 59.3kg 、内臓脂肪値が2%減ったというデータがあります。

 

 

次ページでは、ボディコアを鍛える時に積極的に摂取したい栄養素について解説します。

 

ボディコアとは?←|1日3分のボディコアトレーニング|→ボディコアに必要な栄養BCAAについて

 

 

関連記事:
ピラティスを使ったサーキット運動
*ピラティスはボディコアを鍛えるのに適した運動です。

 


記事ランキング