食べもの

つくし飴で花粉症の季節の辛さを和らげよう

気温が上がって春を感じると、何かを始めたくなるような嬉しさと共に、ちょっぴり憂鬱な気分がやってきます。
花粉症の季節です。
わたしはそれほどひどい症状は出ないのですが、たとえば1日中片方の鼻だけがずっとムズムズしていたりします。
急にたくさん鼻水が出る時もあって、どこからそんなに鼻水が次々に作れるんだろうって怒りと共に不思議に思います。
一旦なおったと思ったらまた鼻の奥がツーンとなったりしてまた鼻水が出ちゃったり。
でも花粉症と認めたくないようなところもあります。認めたら負け、みたいな。


そんなわたしは民間療法でよさそうなもの見つけたらとにかく試してみます。
甜茶を飲むとか。赤シソ酢も鼻のムズムズがぐっと収まります。
免疫力をアップするのも花粉症対策になると効いて、ヨーグルトも欠かせません。

新しく見つけたのは飴。
つくしんぼの成分がぎゅっと詰まった「つくし飴」です。

つくしを煮て食べたらスーッとしたことで、花粉症にいいかも、と研究を始めたのがこのつくし飴誕生の起源。
わたしは田舎育ちなので子供の頃、春になると家族でつくしを摘みに出かけました。
我が家ではいつもつくしは佃煮にして食べました。
美味しかったけど、スーッとしたのかなぁ。

つくし飴のよさは、いつでもどこでもムズムズがヤバい!と思ったら舐められること。
個包装になっているので小さなバッグでも2〜3個いつも持っておけます。
お茶と違ってお湯を沸かす必要もないし、鼻にティッシュを摘めたままでもポイと口に入れられます。

しかも即効性がうれしい。この即効性があるっていうことが販売当初の激売れ品切れにつながったんだそうですよ。
つくしんぼは山菜だし、土筆自体の見た目も薄茶色で、飴にしたらすごく苦そうかなって思ったけれど、つくし飴の味は黒糖とシナモンの味です。
そしてハッカのようなスーッとした感じ。
これが鼻に気持ちがいい。

これからもお茶も飲むし、ヨーグルトも食べるけど、ムズムズ対策としてつくし飴も欠かせない存在です。
1粒の値段はちと高い気もしますが、一度舐めると、また買おうって思っちゃいます。


今ならまとめ買いもいいですね。
↓公式サイトはこちら↓
ぐずぐずしょぼしょぼがやってくる前に!「つくし飴」で対策を!



つくし飴関連タグ:花粉症 対策季節対策 鼻ムズムズ

2014年02月24日 01:13