朝のお茶で代謝アップ

スポンサーリンク

朝のお茶で代謝アップ

朝、カテキンたっぷりのお茶を飲むと代謝アップできます。
カテキンには、代謝を高めるホルモンの減少を防ぐ働きがあるからです。


緑茶
食事の時に、噛むことでノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。
食事中に身体があたたかくなると感じたことがあると思いますが、この熱を発生させるホルモンです。
ノルアドレナリンは、噛めば噛むほどにエネルギーを消費してくれます。

 

このノルアドレナリンは、食事後30分ほどから減少してしまうのですが、
お茶に含まれる成分「カテキン」がそれを防いでくれます。

 

カテキンには、ノルアドレナリンの減少を防ぐ働きがあります。
熱産生を止めないように、お茶はホットで飲みましょう。
冷たいお茶は、カテキンそのものの効果は変わりませんが、体を冷やしてしまいます。
体温が下がると代謝も下がります。

 

カテキンは高い温度で濃く出したお茶に多く含まれます。
朝食後はもちろん、毎食後の飲み物は濃く出した緑茶を飲みましょう。

 

カテキンには継続して飲むことで得られるダイエット効果もあります。
特保ドリンクには、茶カテキンを関与成分とするものもあります。

 

どうせなら、農林大臣賞受賞の由緒ある深蒸し八女茶など、おいしい緑茶でダイエットしてみるのもいいですね。

 

 


 

関連ページ
その他、朝のちょっとしたことダイエット(起きぬけの水朝ご飯歯磨きしながら運動

 

記事ランキング