爪で肥満遺伝子検査 DNA SLIM

爪で肥満遺伝子検査 DNA SLIM

dnaslim100.jpg
個人の遺伝情報に基づく副作用のない医療実現のための研究が日々行われています。
ダイエットに関しても研究が進み肥満遺伝子が太り方に関係していることがわかっています。

 

持っている遺伝子の組合せによって、肥満傾向も異なるため、
ダイエット方法もその傾向にあわせたほうがスムーズにうまくいくのです。

遺伝子検査の方法

 

以前は、肥満遺伝子を分析するには4万円以上かかるのが普通で、非常に高価なものでした。
最近では随分安価に肥満遺伝子検査ができるようになり、
自分の肥満遺伝子型を調べる事も普通のことになってきました。

 

なかでも最新の分析方法である、爪での肥満遺伝子分析を行なうのがDNA SLIMです。
分析してもらう側にとって爪での分析は、痛みもなく手軽です。
血液や口内の粘膜を採取して送るのに比べ、抵抗感も少ないのが魅力です。
(口腔粘膜での検査も選択できます。)

 

 

遺伝子は一生変化することがありません。
一度分析した結果は、ダイエットの目安としてずっと活用していけます。

 

 

何をやってもうまくやせられない場合、遺伝子の求める方法と違ったやり方のため失敗している可能性もあります。
ハーセリーズのDNA SLIMで肥満体質チェックを受けてみては?

 

ハーセリーズの遺伝子診断キットは、2014年3月25日『林修先生の今でしょ!講座 林修VSスーパードクター人間の臓器ってスゴい!3時間スペシャル』の遺伝子のコーナーに出演された陰山先生のクリニックで行っている遺伝子検査と同じ研究機関EBSによるもので信頼性があります。

 

 

爪での肥満遺伝子検査の詳細
DNA SLIM

わたしが利用した時は、下の写真のセットが1万円以上したのですが、
現在は肥満遺伝子検査キットのみになり、6,476円+税 になりました。
リニューアルされて、チェックできる遺伝子も増えています。
よくばり3点セット
△わたしが買った肥満遺伝子検査用キットとダイエット食品のセット

 

 

dnaslim2.jpg
△肥満遺伝子分析キットに入っている、爪を送るための道具類。

 

左から、爪を切るときに敷く紙、専用爪切り、爪を入れるケース、爪をきれいにするブラシ。

 

ブラシで爪をキレイに掃除する。
爪を切ってケースに入れる。
食生活などに関する質問票と一緒に送る。
そして、検査結果が送られてくるというしくみです。

 

 

わたしの診断結果はこちら⇒肥満遺伝子診断 結果レポート

 

 

爪で肥満遺伝子検査ができるDNA SLIMはこちらからどうぞ

肥満に最も関連性のある、FTO遺伝子診断が追加されました。

 

 

関連項目
肥満遺伝子について

 

記事ランキング