中高年も痩せる腕組ダイエット[基本姿勢とお腹やせ]

中高年も痩せる腕組ダイエット[基本姿勢とお腹やせ]

運動嫌いで、食事を制限するのも苦手な人や中高年でも痩せられる
と評判の高い腕組ダイエット。
顔もお腹もそしてお尻もキュッと引き締まります。

 

腕組ダイエットの効果

 

たとえば、モデルの安藤沙耶香さんは、ウウエスト3.3センチ、ヒップ3.5センチ、二の腕3.2センチ、太ももが5センチと6センチも!サイズダウンしたそうです。


腕組ダイエットの成功者として中高年代表は、藤田弓子さん。このダイエット法で12キロも痩せたことが、腕組ダイエットのブームの火付け役となりました。
ウエストはなんと13センチも減ったのだそうです。

 

 

腕組ダイエットのいいところは、姿勢矯正ができるところです。
机に向かって仕事をしている人は、肩がどんどん前に出てきてしまい、猫背にもなりがちです。
身体の後ろで腕を組むことで背筋が伸び姿勢がよくなります。
背筋が伸びることは、さまざまな健康効果をもたらします。
また、肩甲骨が動くようになることは代謝アップに繋がり脂肪燃焼しやすい体質になれます。

 

女性にとってはバストアップしながらダイエットできることが素晴らしいポイントのひとつ。
猫背が解消したり、肩甲骨が動くようになると胸が押し出されますから。

 

 

腕組ダイエットの基本姿勢

 

両脚をそろえてまっすぐに立ちます。
つま先とかかとをつけます。
そして、両腕を身体の後ろ側で組みます。
最初に組んだほうではなく、組みにくいほうに組み替えます。
目線は少し上、あごを少し引いてから、目線を正面に戻します。
もしバランスがとりにくい場合は、つま先を少しひらいてもOKです。

 

 

お腹の引き締め(くびれ作り)

 

ウエストを引き締めたい場合は、
基本姿勢から、背中や首をまっすぐに保ちながら、
上半身だけ前傾します。
そして10秒とめます。
さらに、左右にも倒して10秒ずつ静止します。
最後に上半身だけを左右にねじって10秒キープします。

 

いずれの動作の時も下半身は動かさず、上半身だけ動かすのがポイントです。

 

 

テクノロジーで腕組ダイエットの効果アップ

 

肩甲骨を寄せて胸を開く構造に作られているウエアを着て行なうと、腕組の動作をサポートしてくれるため、効率よく引き締められます。
また、腕組をしていない時間も肩甲骨をサポートしてくれます。

 

たとえば、Tシャツタイプの姿勢ウォーカーは、腕組ダイエットの効果アップだけじゃなく、着ただけでスタイルアップもしてくれます。

 


記事ランキング