もどきご飯ダイエット(ごはんカロリーオフ作戦としても応用可)

スポンサーリンク

もどきご飯ダイエット(ごはんカロリーオフ作戦としても応用可)

豆腐と卵白のごはん風でカレー新潟出身でお米大好きだった、銅冶英雄(どうや ひでお)医師(御茶ノ水整形外科 機能リハビリテーションクリニック 院長)が考案した糖質制限方法。
ご飯やパンが大好きな人が楽に糖質を摂らないようにできる方法です。
主治医が見つかる診療所の春の超簡単ダイエットスペシャルで紹介されたダイエット方法です。


銅冶医師はお米を抜くことがなかなかできなかったことをちょっとした工夫で乗り切り、
68kg→54kg、14kgの糖質制限ダイエットに成功したそうです。

 

 

お米の替りに糖質の少ない食材で作ったもどきご飯にするのです。
ご飯を食べた時のような満足感があってストレスを感じずに済むとか。
実際に銅冶医師は8年間1回もご飯を口にしていないそう。

 

 

もどきご飯 9種

 


卵 6個~10個で炒り卵を作る。
弱火でゆっくり炒るとよりごはん粒にに近い粒になる。
(人によってコレステロールがあがらない人もいることがわかっていますが、コレステロール値が高い方などは医師と相談の上お試し下さい。)
これは、番組出演者のみなさんには美味しいけれどご飯じゃないな~的な反応でした。
ちなみに細かい炒り卵を作る時は、さい箸を4本から6本一度に持ってかきまぜるといいって家庭科で習いました。(管理人補足)

 

 

カリフラワー
お米の食感に一番近いのがカリフラワーだそうです。
食感を残すため、ゆですぎないことが大切。
2~3分かためにゆでたカリフラワーを刻む。
カリフラワーご飯で作ったチャーハンはご飯に思えなくもないということで番組出演者のみなさんに好評でした。

 

 

木綿豆腐
炒り豆腐にする。

 

 

エリンギ
オリーブオイルで炒める

 

 

モッツァレラチーズ
細かく刻む

 

 

その他、もやし、キャベツ、マッシュルーム、おから
の全9種類のもどきご飯をその日のおかずや料理に合わせて使い分けているそうです。

 

 

管理人追記。

 

初めて糖質制限食を実行した時に「ご飯+おかず」という考えからなかなか抜けられず苦労した覚えがあります。ご飯もどきをご飯としてカウントすると献立が作り易いんじゃないかなと思います。

 

また、糖質制限までしなくとも、糖質を減らすという意味で、ご飯と半々で混ぜたりするのもありかな、と思いました。お米は3分の1くらいでも充分。
ちょこっと米粒が入っているとものすごく満足感あります。
普通に食べているとどうしても糖質を多く摂り過ぎてしまうので、もどきご飯、またはもどきご飯にお米をちょっといれる糖質減らし作戦もダイエットにすごくいいと思います。

 

 

このサイト内でももどきご飯を紹介しています。
豆腐を炒って卵をからめたもどきご飯です。
豆腐と卵白のご飯風
卵は白身だけを使ってご紹介していますが、全卵でもOKです。
記事はこちら⇒ごはんカロリーオフ作戦(豆腐と卵白のごはん風)

 

記事ランキング