カフェイン+プロテインで痩せる

カフェインとプロテインが同時に摂れるコーヒー「カフェテイン」毎日の1杯を変えるだけ!

カフェテイン

カフェテインは燃焼系のカフェインとプロテイン(たんぱく質)、そしてダイエットで注目されるポリフェノールのクロロゲン酸が手軽に摂れちゃうコーヒーです。毎日の1杯を変えるだけ!ビタミンやミネラル・酵素も入っているから、朝食代わりにして代謝のいい1日をスタートさせるのにもぴったりです。

 



コーヒーダイエットはカフェインとクロロゲン酸がポイント

シリコンバレーダイエットで完全無欠のコーヒーとして紹介されたバターコーヒーがヒットしていますね。低カロリーなコーヒーを飲むことで必要な成分を摂りつつ余分なカロリーはカットする考え方です。カフェインで代謝アップと集中力アップをしつつ、すぐに燃焼する種類の良質な脂質を摂ることでエネルギーも補給できるというわけです。

 

クロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールです。ダイエットサポート成分として話題になり、一時水出しコーヒーや浅煎りのコーヒーを飲むダイエットが大流行しました。クロロゲン酸のクロロは葉緑素のこと。焙煎する前の、しかも若いコーヒー豆に多く含まれています。

 

カフェテインには機能性成分としてクロロゲン酸2.4mg、カフェイン120mgが含まれています。

 

さらにプロテインをプラス

バターコーヒーもいいけれど、カフェテインなら脂質ではなくプロテインでタンパク質が摂れるのが魅力です。筋肉やお肌の材料になるたんぱく質をコーヒーで摂れるって一石二鳥な感じです。ホエイプロテインが5,000mg配合されています。1杯でたんぱく質約5gがとれるんですね。しかも脂質をとらずにタンパク質を効率よく摂取できます。

 

その他に麹抽出濃縮物30mg、エラスチン5mgやビタミン、ミネラル、酵素も入ってます。

 

反対に、砂糖・合成甘味料・着色料・保存料・食塩は無添加で作られています。

 

おいしさ調べでは多くの人がおいしいと答えています。
カフェテインの味

 

 

こんな人におすすめ

ダイエットの為はいうまでもなく、少食でたんぱく質が不足しがちな人や、筋肉を減らしたくない方、コーヒー好きの人の健康維持などにもカフェテインは貢献してくれます。

 

甘くないので、ブラックコーヒーが苦手な方は牛乳や調整豆乳(糖分少な目、イオンのトップバリュ低糖質豆乳がおすすめ)に溶かして飲むといいと思います。

 

実際に飲んでみた人たちの声では、

 

「スムージーを飲んでいたが思いのほか糖質が多くたんぱく質は摂れないいためカフェテインに切り替えた」

 

「プロテインが入っているのでオヤジダイエットにぴったり」

 

「サプリメントはつい飲み忘れるがコーヒーだから飲み忘れなくて便利」

 

「朝食が面倒だけど集中力が出なかったが、カフェテインで仕事の効率があがりました」

 

など、ライフスタイルの違うさまざまな人たちに愛されているようです。

 

カフェテイン
濃いブラックコーヒーが好きな人は10g(大さじ2杯)のカフェテインを150mlのお水で作るのがちょうどいいそうです。牛乳の場合はカフェテイン10gに対し180mlがおすすめ。

 

カフェテインにはプロテインが入っているためお湯で作ると固まってしまいます。(70度以上で凝固)そのため、熱いコーヒーとしては飲めないのはちょっと残念。温めたい人は、お水としっかり混ぜてから電子レンジで人肌程度にあたためましょう。美味しさでは冷たいミネラルウォーターで作るのがおすすめだそうです。

 

 

パーソナルトレーナーが作った理想のコーヒー

 

筋トレやダイエットに詳しいパーソナルトレーナーさんが自分の理想のプロテイン入りコーヒーを作ったのがカフェテインです。管理栄養士、薬剤師も監修、余分な脂質・糖質を抑え、健康的なダイエットを応援してくれるコーヒーです。

 

ちなみに、カフェインは脂肪を燃えやすくしてくれますが、動かないでいると脂肪細胞に戻ってしまうとか。カフェインを摂取するだけでも数%代謝アップするらしいですが、カフェテインを飲むのは、エクササイズやトレーニングの前、掃除、散歩、買い物、通勤・通学などの前がおすすめ。とにかく体を動かす前に飲むのが成功のコツです。

 

 

 

 


記事ランキング