スポンサーリンク

ダイエットに効く成分

知っていると便利な「ダイエットに効く成分」についてリストアップし解説しています。

体脂肪を減らす期待の新成分PSGとは?

hatugagenmaidiet2014.JPG発芽玄米に体脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用がある新成分PSG(発芽米ステロール配糖体)が発見されたことが第30回日本肥満学会で報告されました。2014年にはファンケルが成人男性を対象にしたPSG摂取による研究報告がされています。


わたし調べ「効果があった痩せるダイエットサプリメントTOP3」

sapri100.jpg痩せる効果があった、本当に効くダイエットサプリメントはあるのかどうか、口コミ情報を逐一調べた結果です。実際、やっぱりという感じで、全く効果なしのダイエットサプリがほとんどの中、 効果ありの頼れるサプリも見つかりましたよ!


レジスタントスターチ("冷たい"ご飯のダイエット力)

暖かいご飯が冷める時にできる成分がレジスタントスターチです。
冷めた主食の中の消化されにくいでんぷんのことで、難消化性でんぷんともいいます。


筋力アップに有効な成分Amino L40とは?

aminoL40-4.jpgAmino L40とは、筋肉のもととなり、筋タンパク質の合成を促す効果がヒト試験で確かめられている成分で、ロイシンを高配合した9種類の必須アミノ酸の混合物です。筋力アップしたい方、筋肉を減らさずにダイエットしたい方にも。


アディポネクチンを増やす分泌促進サプリメントについて

善玉ホルモン、アディポネクチンを増やす食品の研究によって開発されたサプリメント(分泌促進剤)に関する技術があります。

アフリカマンゴノキエキス

アフリカマンゴノキ(アフリカンマンゴー)エキスは、満腹信号の伝わりをよくして食べ過ぎを抑えるだけじゃなく、食べた糖質が中性脂肪になるのをブロックしてくれる、アメリカで注目の新ダイエット成分です。学名からアーヴィンシアとも呼ばれています。


お腹周りと皮下脂肪が減った!PSGの威力

hatugagenmaidiet2014.JPGお腹周りのサイズダウン、内臓脂肪、そして皮下脂肪まで減少させたPSG(発芽米ステロール配糖体)について7月1日にファンケルがスウェーデン ストックホルムで開催された「International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids 2014」で発表を行いました。



発酵オタネニンジン(高麗人参) が血糖上昇を抑制する

発酵オタネニンジンによる 血糖上昇抑制に関する新知見が第68回日本栄養・食糧学会大会で発表されました。オタネニンジンとは高麗人参のこと。高血糖の方や血糖値が気になる方へ。

フィトケミカル(ファイトケミカル)とは?ダイエットに効果は?

リコピンフィトケミカル(ファイトケミカル)とは何か?ダイエットに効果はあるのか?まとめました。健康的なダイエットを望む方、美容に関心のある方へ。


シクロアリイン:玉ねぎの注目成分は血中の脂質に働きかける

血液サラサラの最強野菜玉ねぎ。1年中安価で手に入る上に健康にいいから毎日食べたい食材。
玉ねぎには健康成分がいろいろ含まれていますが、最近話題のケルセチンとともに注目のヘルシー成分がシクロアリインです。



ロズマリン酸

シソ酢を食後に飲んで痩せるのは、ロズマリン酸のダイエット効果によるものです。
身近な食品であるシソに含まれる成分ですから、毎日の食生活に生かせそうですね。

食欲を香りで抑える

ダイエットに香りを取り入れましょう。アロマの力は科学的に証明されているのです。

アラビノース:糖分好きの救世主[血糖値対策]

アラビノースとは?

アラビノースとは、甜菜(ビート、さとうだいこん)からお砂糖を作る時に残った繊維や、とうもろこしからでんぷんを作る時に残った繊維に含まれる成分です。
その昔は残りカスとして捨てられていたもの。
この繊維質が技術が進んで精製されるようになり、新しい機能を持つ成分が発見されたんです。
それがアラビノース。
新しい機能とは、なんと砂糖の吸収を悪くしてくれるという有難いもの。

血糖値を下げる富士山のバナジウム水(ダイエットにいい水)

富士山の写真バナジウムは、富士山麓を流れる天然水 ミネラルウォーターに含まれています。
甘いもの好きのダイエッターにおすすめの成分です。

体内インシュリンと似た働きがあるバナジウムは、血糖値を下げる効果が期待できます。
血糖値が上がった状態は太りやすい状態なので、それを回避してくれるお水なんです。

大豆ペプチド

豆乳ダイエットでおなじみの大豆ペプチドは脂肪を燃焼させる効果を持っています。

トマトにメタボ予防改善にいい脂肪燃焼効果を持つ新成分!

トマトトマトにメタボ改善効果のある新しい成分が発見されました!
身近な野菜だけに、わくわくしますね。ニュースの内容は、


玉ねぎの皮[ケルセチンの効能]

玉ねぎの皮玉ねぎに豊富に含まれている苦味成分、ケルセチンの効能の中に、ダイエットにいい働きがあります。

ケルセチンは、ポリフェノールの一種。
抗酸化物質であり、小腸での脂肪吸収を抑制 します。
また、体内の脂肪を排出するデトックス効果も期待できます。


カロリー減らして痩せないなら 酵素粒ダイエット

意外なことに太っている原因が、カロリーオーバーや栄養過多ではなく、
栄養不足、酵素不足の場合も多いのです。

糖質の多い主食ばかり多く食べたり、消化の悪い脂っこい食べ物過多になっていたりすると、必要な酵素やビタミンが不足し、エネルギー代謝がうまくいかなくなります。
そして、脂肪を燃やす効率が悪くなり太ってしまうのです。

カロリーを減らしているのに痩せない、という人は
栄養・酵素不足を疑ってみて。

ガルシニア

ガルシニアという植物の果皮に含まれる酸味成分のHCA(ヒドロキシクエン酸)が、体脂肪の合成を抑え、さらに、脂肪の分解を促進します。

ギムネマ

インドの伝承医学アーユル・ヴェーダに用いられてきたジャガイモ科の植物、ギムネマ・シルベスタ。
有効成分のギムネマ酸には、糖の吸収を抑える働きがあります。
食べたものをなかったことにしてくれる成分といえます。

サラシア|甘党向けダイエット成分

肥満、高血糖、糖尿、便秘などが気になる人に人気のサラシアは、伝承医学で昔から愛用されてきました。
サラシアは、インド、スリランカに分布するニシキギ科のつる性植物です。
その抽出成分サラシノールは、食後の血糖値上昇を抑制し、糖の分解・吸収を抑えます。
つまり、炭水化物などの糖分をなかったことにしてくれるんです。

メタバリアは炭水化物好きな私にぴったりのサプリ!

meta100.JPGCMに堀北真希さんやドランクドラゴンの塚地さんが出演、メガ盛り時代のサプリメントとして紹介されている「メタバリアNEO」。



キノコキトサン (お腹やせに効果的)

キノコキトサンは、脂肪細胞に直接作用し、
脂肪の多い部分である、お腹 を最も痩せさせる成分といわれています。

鳥取大学と日本大学の共同研究により発表された
「成人女性の体重および体脂肪に及ぼすキノコキトサンの影響」
によって注目されるようになりました。

1日100g分のキノコのキノコキトサンを摂取した結果、
体重も減っているが、それ以上にウエストサイズがかなり減るというデータが得られたそうです。(例えば、体重が1.74kg減ったの人のウエストサイズが、3.97cm減)

ポリアミン 生活習慣病の予防・改善やアンチエイジングに

最近の医療では、ガンや生活習慣病や老化は、慢性炎症が原因とみられています。
痛み等の自覚症状がある急性炎症(わたし達が通常「炎症」と呼ぶもの)と違い、気づかないうちに悪化してしまいます。
内臓脂肪も慢性炎症を起こし、それが、メタボリックシンドロームとなるのです。

慢性炎症は、酸化物を撒き散らします。従来は抗酸化物で撒かれた酸化物を中和してきましたが、その元凶となる慢性炎症を抑えることができれば、より効率的な改善が望めます。
その働きを持つ物質として注目されているのが、ポリアミンなんです。

ポリフェノール

強い抗酸化作用を持つポリフェノールには老化やがん予防などのほか、高いダイエット効果の期待できる種類があります。

ベータコングリシニンが中性脂肪を狙い撃ち

大豆タンパクの約2割を占め、中性脂肪値を下げる働きをもつタンパクがベータコングリシニンです。

脂肪を燃やす筋肉をつくるBCAA-ボディコアダイエット

ボディコアダイエットの為に、ボディコアの材料となるBCAAを積極的に摂取しましょう。

キチン・キトサン

キチン・キトサンは、コレステロールや中性脂肪を吸着させて体外に排出してくれる働きがある成分です。

DHEA デヒドロエピアンドロステロン

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、若返りホルモン・アンチエイジングホルモンとして有名です。
その主な働きは、以下の2つ。

「傷ついた細胞を修復する」
「男女問わず、ホルモンバランスを整える」

この若返りのホルモンDHEAに代謝や脂肪燃焼に関わる効果が発見されました。

イノシトール

ダイエットにいい成分、イノシトールは細胞成長促進に不可欠なビタミンB群の仲間です。

脂肪やコレステロールの流れをよくして、身体の中に脂肪がたまらないようにする働きがあり、脂肪肝や肝硬変などの予防によいとされています。

カカオポリフェノール(チョコレートダイエット)

チョコレートダイエットは、カカオ分70%以上のビターチョコを、1日50gを目安に食前に3回に分けて食べると、カカオポリフェノールの働きで痩せると言われています。

脂肪吸収を抑制するレモン(レモンポリフェノール)

レモン水ダイエットがネットで大評判になりましたね。
レモンのどの成分がダイエッにいいのでしょうか。

白いんげん(ファセオラミン・ファビノール)

ごはん好きにうれしい、炭水化物の吸収を抑えるダイエット食材です。

カテキン

カテキンには強い抗酸化力があり、生活習慣病を予防します。

短鎖脂肪酸

食物繊維が腸内細菌と結びついてできる成分にダイエット効果が発見されました。
それが、短鎖脂肪酸です。

脂肪酸は油脂を構成する成分のひとつですが、その中でも結びついている炭素が6つ以下のものが短鎖脂肪酸です。
酢酸や酪酸、グルコン酸などがあります。

ギャバ(GABA)

イライラを和らげる癒しのアミノ酸として有名なギャバですが、中性脂肪を抑える効果も持ち合わせています。

食物繊維

満腹感、糖の吸収抑制、便通改善のダイエット効果があって、しかも超低カロリーな食物繊維は、毎日の食生活にぜひ取り入れたい食材です。


トップページ