カテキン

カテキン

カテキンには強い抗酸化力があり、生活習慣病を予防します。

お茶の葉
カテキンポリフェノールの一種で、緑茶などの渋み成分です。タンニンとも呼ばれます。

 

強い抗酸化力を持ち、良質な緑茶から抽出されたポリフェノールの抗酸化力は
ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍であることがわかっています。

 

抗がん、抗菌、血圧低下、血中コレステロール低下、抗インフルエンザなどの健康効果が期待できます。
さらに、脂肪蓄積抑制作用や、酵素アミラーゼの活性を抑制して糖の吸収を妨げる働きがあります。

 

カテキンは熱いお湯で抽出されやすい性質があるので、お茶から摂取する場合は
お湯の温度を熱くするとたくさん摂れます。

 

うまみ成分テアニンは70~80度でよく抽出されますので、おいしく飲みたいなら
温度低め、カテキン摂取なら温度高めがお勧めです。

 

カテキンの効果をお茶で十分に得ようとする場合は、1日に10杯程度が理想です。

 

 

また、緑茶に含まれる成分のうち、カテキンとカフェインを組み合わせると
体重増加と脂肪の蓄積を抑えるダイエット効果が期待できることが研究でわかっています。

 

花王「ヘルシア緑茶」はこの組合せを利用したダイエット茶です。

 

お茶を毎日10杯飲むのはたいへんという人も、上記のように茶カテキンを高配合した食品を利用すれば簡単に摂取できます。

 

 

ガレート型カテキンのトクホ茶

 


 

ポリフェノールについて
緑茶のダイエット効果
番茶

 

ダイエットにいい成分

 

 

 


記事ランキング