カカオポリフェノール(チョコレートダイエット)

カカオポリフェノール(チョコレートダイエット)

チョコレートダイエットは、カカオ分70%以上のビターチョコを、1日50gを目安に食前に3回に分けて食べると、カカオポリフェノールの働きで痩せると言われています。

カカオポリフェノールには3つのダイエット効果が期待できます。
摂食中枢を刺激して過食を押さえる。
空腹感を抑える。
基礎代謝をアップする。

 

また、チョコレートは食物繊維も豊富なので便秘解消にも役立つそうです。

 

注意しなければいけないのは、チョコレートが高カロリーだということ。
1日50g食べると、お茶碗2杯分のカロリーを余分に摂ることになるので、1日全体の食事カロリーを考えないと逆に太ってしまう恐れもあるのです。

 

チョコレートなら何でもいいかと食べたりすると、ものすごくたくさんのカロリーを摂取してしまいます。

 

チョコレートダイエットでは、カカオ分が70%以上のビターチョコを食べるのが条件です。

 

カカオ分70%以上のチョコにはカカオポリフェノールが50g分に1200mg以上含まれていますが、普通のミルクチョコの場合、500mgも含まれていません。
ミルクチョコはカロリーはずっと高いですから、ポリフェノールの恩恵が得られないだけでなく、カロリー摂りすぎで太ります。

 

ちょっと難しそうな気もするチョコレートダイエットですが、成功している人には傾向がみられるようです。

 

元々間食が多かった人
40才以上の女性(基礎代謝が落ちている)
便秘気味の人

 

全部に当てはまる人はチョコレートダイエット向きといえるのかも。

 

最後にもうひとつ注意事項があります。
チョコレートに含まれるチラミンという物質は血管の収縮拡張を促進します。
食べすぎで鼻血が出たり、気分が悪くなるのはチラミンのせいです。
アレルギー体質の人はチョコレートダイエットはやめましょう。

 

 

 


記事ランキング