ガルシニア

ガルシニア

ガルシニアという植物の果皮に含まれる酸味成分のHCA(ヒドロキシクエン酸)が、体脂肪の合成を抑え、さらに、脂肪の分解を促進します。


糖質が多い食事をすると、余った糖分が脂肪酸として合成されるのですが、HCAは、その合成を抑制する働きを持っています。

 

 

ガルシニアのダイエット効果を得る為には、1日にHCA(ヒドロキシクエン酸)を1000mg摂取するのが目安量です。

 

摂取のタイミングは、食事の30分前。
ガルシニアのダイエット成分HCAがカラダに吸収された頃に食事を摂るタイミングです。

 

脂肪の分解を促進するHCAの働きをさらに高めるためには、運動を併用するとより効果的。
運動でのHCAによる効果を得るためには、運動をする30分前にHCAを摂取するのが効果的なタイミングです。
脂肪燃焼には酸素も必要ですから、筋トレなどよりも、ウォーキングなど有酸素運動がおすすめです。

 

 

ちなみに、ガルシニアは、東南アジア原産のオトギリソウ科の植物。
正式名は、ガルシニアカンボジア(Garcinia cambogia)といいます。
東南アジアやインドでは、古くからスパイスとして使われています。

 

 


記事ランキング