食欲を香りで抑える

食欲を香りで抑える

ダイエットに香りを取り入れましょう。アロマの力は科学的に証明されているのです。

気分的なものだけでなく、身体的にも影響を与える「香り」。
香りの力は、科学的に実証されています。

 

香りが食欲に与える影響は、わたしたちも普段から実感していますよね。
お昼の時間が近づいた時においしそうなにおいがしてきたりすると、とたんにお腹がぐーっと鳴ったり。

 

だから、ダイエット中はおいしそうなにおいを自分から遠ざけたほうがいいのです。

 

そしてさらに進んで、「香り」で食欲を抑えてみてはいかがでしょう。

 

食欲を抑制する香りとして名高いのは
パチュリーという香りです。

 

パチュリーは、大きな柔らかい葉を持つアジア熱帯地方原産のシソ科の植物です。
香りは、ウッディな東洋的な香り。

 

空腹をがまんしている状態でのパチュリーの香りを嗅ぐ実験では、
パチュリーを嗅いだ瞬間に、脳波がイライラした状態から素早く鎮静へと向かい、
被験者の実感としても、なにがなんでも食べたい気分から、ちょっとガマン・・というレベルまでおさまったそうです。

 

おうちでこの香りを使う場合は精油(エッセンシャルオイル)をティッシュなどに1~2滴含ませて嗅いだり、
マグカップなどに熱湯を入れ、そこに2~3滴の精油をたらして香りを嗅いだりしましょう。
本格的にアロマポットなど使うものリラックス効果が高まっていいかも。

 

ちなみに、パチュリーにはちょっとエッチな気分にさせる効果もあるらしいですよ。

 

パチュリー以外に食欲を抑えるはたらきのある香りは、
シダーウッド、サンダルウッド、フランキンセンスなどがあります。

 

エッセンシャルオイルパチュリー

 

 

また、身近なものでは、グレープフルーツの香りにも食欲を抑える効果があり、ダイエットに取り入れると効果的です。

 

 


記事ランキング