トマトにメタボ予防改善にいい脂肪燃焼効果を持つ新成分!

トマトにメタボ予防改善にいい脂肪燃焼効果を持つ新成分!

トマトトマトにメタボ改善効果のある新しい成分が発見されました!
身近な野菜だけに、わくわくしますね。ニュースの内容は、


 トマトの成分の一つに中性脂肪などを減少させる効果があり、メタボリック症候群の改善に役立つことを、京都大大学院農学研究科の河田照雄教授(食品機能学)らの研究グループが突き止め、研究成果が10日付の米科学誌プロスワン電子版に掲載された。

 

 河田教授らは、脂質異常症や糖尿病に有効とされてきたトマトの成分を具体的に分析。その結果、脂肪燃焼効果を持つ脂肪酸の一種が含まれていることを発見した。

 

 この成分を高カロリーの餌に混ぜ、肥満マウスに4週間投与。高カロリーの餌だけを与えた肥満マウスと比べると、中性脂肪量が減少し、血糖値も低下する結果が得られた。

 

 河田教授によると、トマトの成分で直接的に脂肪を燃焼する効果がみられたのは初めて。生のトマトよりも加熱処理が施されたトマトジュースに多く含まれているという。
産経新聞 2月10日(金)11時40分配信

 

夜トマトダイエット

 

トマトは、これまでも健康やダイエットにいいということで認識はありました。
赤い色の成分「リコピン」という抗酸化物質の効果です。

 

夕食と一緒にトマトを3個食べるという夜トマトダイエットはブームになりました。
ただ、1食で3個という量を食べるのがたいへんだという声もありました。
そのため、夜トマトダイエットの提唱者である唐沢氏が研究・開発したサプリメントも発売され、人気があります。

 

トマトの新成分は脂肪燃焼活性化

 

今回発表されたのは、リコピンやカロテンなどの抗酸化物質ではなく、全く新しい成分。
13-oxo-ODAという不飽和脂肪酸です。
特に脂肪燃焼を活性化させるそうで、肥満に伴う脂質代謝異常の改善に有効だそう。

 

マウスによる実験では、トマトの13-oxo-ODA摂取により、高脂肪食による血中・肝臓中の中性脂肪値上昇を抑制したり、脂肪燃焼が亢進していることが有意に示されました。

 

夜トマトダイエットでも、知らずしらずのうちにこの成分も摂っていたことになります。
人間で、マウスと同様の効果を得るには、毎食トマト2個を食べるか、トマトジュースを200ml飲むといいそうです。
加熱処理されたトマトジュースのほうが13-oxo-ODAを多く含んでいるそうです。

 

トマトジュースは塩分に注意

 

トマトジュースには食塩を添加しているものが多く、
1日600ml飲むとなると塩分が少し心配です。

 

ダイエット目的で飲まれる方は、食塩無添加のトマトジュースをぜひ選んでください。
尚、この研究にはデルモンテ株式会社も参加していますから、今後の動きに注目かもしれませんね。
参考≫ デルモンテ 食塩無添加 トマトジュース 900g×12本

 

13-oxo-ODAは脂肪の燃焼に特にいいそうですから、運動で痩せようと思っている方の強い味方にもなりそうです。

 

野菜は生で食べると酵素が摂れるので、トマトも少しは生で食べたい気がします。
わたしが13-oxo-ODAとリコピンでダイエットするとしたら、
トマトジュースを200ml×2杯と生トマト×2個を1日の中で摂取したいかな。
トマトのサプリメントで補足してもいいですね。

 

 

関連記事

 

トマトを酢酸発酵させた、トマト酢は、トマトの栄養がさらにグレードアップ。
血圧によし、深い睡眠によし、メタボにもよし。
薬じゃなく食品で血圧対策したいならLIONのトマト酢[血圧,睡眠,メタボにも] ≫

 

 

 

その他ダイエットにいい成分リスト ≫

 

 

関連ページ

食物繊維
楽して痩せたい管理人が、さまざまなダイエット食品や減量方法を自分で試して比較や感想を書いています。シェイプアップのために知っておくと便利なコネタやカロリーオフレシピ、基礎知識も掲載中。
ギャバ(GABA)
ギャバ(GABA)には、中性脂肪を抑えるダイエット効果もあります。
短鎖脂肪酸
食物繊維が腸内細菌と結びついてできる成分短鎖脂肪酸が体内にあるとうれしいダイエット効果をもたらしてくれます。
カテキン
カテキンには強い抗酸化力があり、生活習慣病を予防します。
脂肪吸収を抑制するレモン(レモンポリフェノール)
レモンの黄色い色素に含まれるポリフェノールの一種、エリオシトリンの抗酸化力がダイエットにも効くんです。
カカオポリフェノール(チョコレートダイエット)
カカオポリフェノールの働きで痩せる、チョコレートダイエットのやり方です。
イノシトール
ダイエットにいい成分、イノシトールは細胞成長促進に不可欠なビタミンB群の仲間。その摂取方法。
DHEA デヒドロエピアンドロステロン
DHEA、デヒドロエピアンデロステロン、は、若返りやアンチエイジングだけでなく、脂肪燃焼を促進する効果があります。
キチン・キトサン
キチン・ キトサンは、コレステロールや中性脂肪を吸着させて体外に排出してくれる。
脂肪を燃やす筋肉をつくるBCAA-ボディコアダイエット
ボディコアダイエットの為に、ボディコアの材料となる必須アミノ酸BCAAを積極的に摂取しましょう
ベータコングリシニンが中性脂肪を狙い撃ち
中性脂肪値を下げる大豆タンパク「ベータコングリシニン」の3つの働き。
ポリフェノール
ポリフェノールは強い抗酸化作用で老化やがん予防によいとされ、高いダイエット効果が期待できる種類もあります。
ポリアミン 生活習慣病の予防・改善やアンチエイジングに
ポリフェノールなんて比じゃない?! アンチエイジングや生活習慣病予防に大注目のポリアミンという物質について。
食欲を香りで抑える
香りの力は科学的に証明されています。ダイエットへの取り入れ方を説明します。
レジスタントスターチ("冷たい"ご飯のダイエット力)
暖かいご飯が冷める時にできる成分、レジスタントスターチには、さまざまなダイエット効果があるのです。
キノコキトサン (お腹やせに効果的)
脂肪の多い部分=お腹を最もやせさせる成分として注目のダイエット成分、キノコキトサンで腹やせ。
メタバリアは炭水化物好きな私にぴったりのサプリ!
メタバリアは、ご飯、麺、パン、そして甘いもの好きな人が痩せたいときに。500円で10日間お試しできるので買いました。
サラシア|甘党向けダイエット成分
体脂肪、糖尿病が気になる、ごはん党、甘党の方には、サラシア。その効果と飲むタイミング。
ギムネマ
ギムネマの効果は、糖の吸収を抑える働きです。詳しい効果と摂取するタイミング。
ガルシニア
ガルシニアがダイエットにいい理由と摂取方法について説明します。
大豆ペプチド
大豆たんぱくが分解されてできる大豆ペプチドには、体脂肪の燃焼を促進させるダイエット効果があります。
アラビノース:糖分好きの救世主[血糖値対策]
砂糖の吸収を悪くしてくれる有難いアラビノースは、糖分の摂り過ぎが気になるダイエッターの救世主。
ロズマリン酸
シソ酢のダイエット効果で話題の、ロズマリン酸について説明します。
体脂肪を減らす期待の新成分PSGとは?
発芽玄米に体脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用がある新成分PSG(発芽米ステロール配糖体)。2014年にはファンケルが成人男性を対象にしたPSG摂取による研究報告がされています。
シクロアリイン:玉ねぎの注目成分は血中の脂質に働きかける
玉ねぎには健康成分がいろいろ含まれていますが、最近話題のケルセチンとともに注目のヘルシー成分がシクロアリインです。
フィトケミカル(ファイトケミカル)とは?ダイエットに効果は?
フィトケミカル(ファイトケミカル)とは何か?ダイエットに効果はあるのか?まとめました。健康的なダイエットを望む方、美容に関心のある方へ。