標準体重と理想体重

標準体重と理想体重

標準体重(最も病気にかかりにくいとされる体重の範囲)と
理想体重(美容面から考えた理想的な体重)は、

 

日本肥満学会が発表した判定基準に基づく、現在最もポピュラーなBMI法により計算します。

(BMI値=肥満度の詳細はコチラをご覧ください。)

 

ダイエットの目標とする体重はBMI値18.5~22の範囲で設定しましょう。

 

BMI値が25以上だと肥満です。
23.5~25は肥満気味。
18.5未満はやせすぎです。

 

目標体重の計算方法は、下記のとおりです。

 

身長(m)×身長(m)×BMI値
※身長の単位はメートルです。

 

健康面から見た標準体重はBMI値を22で計算できます。
(BMI 22だと見た目はややぽっちゃりな印象です)

 

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

 

美しさという観点から見た理想体重は、もう少しスレンダーボディを目指しますので
BMI値を18.5~20で設定します。

 

理想体重(kg)=身長(m)×身長(m)×18.5~20

 

ここで算出した体重と現在の自分の体重とを比べてみてください。

 

ところで、スペインで、市民の拒食症などを加速するということで、BMI値が18未満のモデルがファッションショーに出演できないという基準が出され話題になりました。

 

このニュースで、モデルにはBMI値が18を下回る人がたくさんいると再認識したわけですが、
やはりモデルは特別だと思います。
やせすぎの値でありながら健康と美しさを保つのはたいへんなのではないでしょうか。
あるいは、元々BMIが低くても健康でいられる体質であったかもしれません。

 

BMI指数が20台後半の人が、20を切る値の体重になると、おなかもひっこんで
はっきりとスレンダーとわかるスタイルになります。
理想体重の設定は無理ない値を目標にしてください。

 


記事ランキング