肥満に関する遺伝子-ベータ3アドレナリン受容体

肥満に関する遺伝子-ベータ3アドレナリン受容体

脂肪組織内に存在し、脂肪分解やエネルギーの消費を促す働きをする遺伝子です。

ベータ3アドレナリン受容体に変異を持つと、おなかぽっこり内臓脂肪型の肥満になりやすいそうです。
いわゆるりんご型肥満がこのタイプで、男性に多く、糖分で太りやすい体質。
1日の代謝量が遺伝子に変異の無い人と比べて約200kcal低い。

 

 

両親のどちらかに変異があると子供に遺伝してしまう、優性遺伝子なのでやっかいです。
日本人はなんと約34%の割合でこの遺伝子が変異しているのだそうです。

 

 

このタイプの人は、主食少なめで野菜の多い食事をし、
野菜⇒肉・魚⇒主食 の順で食べるとよいそうですよ。

 

 

その他、肥満に関する遺伝子
UCP1(脱共役タンパク質)
ベータ2アドレナリン受容体
レプチン遺伝子


 

ご自分の遺伝子が知りたいなら

 

世界初!爪でわかる「あなた」だけのダイエットプラン
テレビで話題DNA SLIM。簡単遺伝子チェックで、ムリとムダのないダイエット

DNA SLIMシリーズ。とても美味しいタイプ別のダイエットフード3タイプも好評です。

 

上記遺伝子チェックを受けてみました→分析結果レポート
ちなみにわたしもこの肥満遺伝子の変異を片方の親から受け継いでました。

 

記事ランキング