肥満に関する遺伝子-レプチン遺伝子

肥満に関する遺伝子-レプチン遺伝子

レプチン遺伝子の変異は病的な肥満を起こします。


レプチンは、食物摂取とエネルギー消費のバランス調整をするホルモンです。
脳にある受容体とレプチンが結合することで、満腹中枢を刺激して食欲が落ちることが明らかになっています。

 

 

レプチン遺伝子に変異があると、レプチンが合成されない為、どんなに食べても満腹感を得ることができなくなります。
その結果、過食となり、病的な肥満の原因となります。

 

ヒトでもレプチン遺伝子異常による肥満は見受けられますが、非常にまれだそうです。

 

肥満に関するその他の遺伝子は以下の通り。
ベータ3-アドレナリン受容体
UCP1(脱共役タンパク質)
ベータ2アドレナリン受容体

 

 

↓肥満遺伝子検査とその結果にあわせたダイエットプランを作成するサービス(DNA SLIM)

 


関連記事
遺伝子型ダイエットについて

 


記事ランキング