ダイエット中のご飯や主食の適量は?

ダイエット中のご飯や主食の適量は?

体重を減らしたい時には、どのくらいの量、ご飯など主食を食べてもいいのでしょうか。
気になるところです。

 

もちろん体重や男女差などもありますが、
1食のカロリーを500kcalにするとしたら、
ご飯(主食)の適量は約160kcalが目安です。

約160kcalで食べられるご飯の量

 

ご飯・・・110g = 子供用の茶碗1杯分くらい。

 

1度計ってみるのがお勧めです。
そして、目で量を覚えておきましょう。

 

タニタ食堂では、100gを目安量にしているそうです。
食堂で使うお茶碗には、内側に線が入っていて、線までよそえば約100gになるようになっています。
これなら量る必要がなく簡単ですね。
(ちなみに、タニタ からだカルテSHOP で、個人でも購入が可能です。)

 

わたしは、ごはんを110gずつ小さい容器に入れて冷凍保存しています。
100円ショップで売っている電子レンジ可の小さい容器をいくつか準備しておけば、
毎回ラップを使わずエコです。

 

冷凍してあると、ご飯をおかわりしたい時に気持ちのストッパーになるのでおすすめ。
意外とわざわざチンして食べようとは思わないものです。
1回分ずつ解凍して食べることで、わたしはおかわりしなくなりました。
(炊きたての時はおかわりしちゃうこともあります)

 

ちなみに、お弁当屋さんのご飯は通常200g程度です。
ダイエット中は半分残せば適量です。
家でお弁当を食べる時には、フタを開けたらすぐに、ご飯半分を冷蔵庫にしまっちゃいましょう。

 

 

丼物は、ご飯の量が多いので、避けるのがベターです。あるいは残しましょう。

 

 

各 主食の適量リスト

 

ご飯以外の炭水化物系主食のダイエット中の適量は以下の通り。
カロリー調整の参考にしてみてください。

 

  • バターロール・・・2個
  • クロワッサン・・・小さめ1個
  • 食パン・・・6枚切り 1枚
  • そば・・・乾麺で36g
  • うどん・・・ゆで麺で160g
  • そうめん・・・乾麺で45g
  • スパゲティ・・・42g

 

 

最初は少ない!って思いますが、結構慣れてくるものです。
主食を減らす時は、一気に減らすと食べたりないと強く感じがちです。
徐々に減らして適量にしていくと、ストレスがありません。

 

記事ランキング