中年太りの原因

中年太りの原因

若い頃と変わらない生活をしているつもりなのに、中年になると、なぜだか太ってくるという人が多くなります。それには加齢によって引き起こされる原因があります。


何が原因となって中年太りするのでしょうか?

 

中年太りの原因1:筋肉量の減少

 

中年になると、筋肉量が減少します。
筋肉の量に比例して基礎代謝が低下するため、効率よくエネルギーを使えなくなります。
同じだけ食べても、消費できる量が少ないことが中年太りの原因となります。

 

 

中年太りの原因2:身体活動量の減少

 

若い頃より活動量が減るため、動いて消費する分のエネルギーも少なくなります。

 

 

中年太りの原因3:老化による遺伝子変異

 

加齢とともにミトコンドリア遺伝子に変異が蓄積し、ミトコンドリアからの活性酸素の漏出が増大。
それが細胞機能に悪影響を与えます。
(老化におけるミトコンドリア遺伝子変異蓄積説)

 

このことにより、細胞内での脂肪や糖の代謝が悪くなります。

 

 

ほおっておけば減少してしまう筋肉も、意識して使っていくことで、減少を食い止め、増やすことも可能です。
筋肉量が減って基礎代謝が落ちた分、食習慣を見直すという手もあります。
また活動量も増やすことも可能です。

 

 

遺伝子のことは仕方がないですが、生活習慣を変える工夫で中年太りは解消できるのです。
もう若くないと自覚したら、ちょこっと食事や活動量を見直してみましょう。

 

 

中年太りを解消する方法は?

 


記事ランキング