アミノ酸スコア100とは?

アミノ酸スコア100とは?

アミノ酸スコアとは、タンパク質の品質を示す国際基準値です。
必須アミノ酸がバランスよく全て含まれていると100点満点となり、アミノ酸スコア100となります。

 

必須アミノ酸は9つあり、それぞれの基準値を100として、食品に含まれる量を判定します。それぞれのアミノ酸が必要な値の何パーセントなのか、ということで評価しているわけです。

必須アミノ酸とは、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、ヒスチジン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン。
体内で合成できないため、体外から摂取する必要があるとされています。

 

100とされるそれぞれの必須アミノ酸量は以下の通り。
窒素1g中の量(mg)

  • バリン 220
  • ロイシン 410
  • イソロイシン 180
  • リジン 360
  • ヒスチジン 120
  • トリプトファン 70
  • メチオニン 160
  • フェニルアラニン 390
  • トレオニン 210

 

アミノ酸スコアの数値は、一番少ない必須アミノ酸値にあわせることになっています。
ひとつでも量が少ないとその数値になってしまいます。
そのため、たとえば同じアミノ酸スコア50の食品でも、どのアミノ酸が少なかったかなどによって、それぞれ違いがあることになります。

 

 

アミノ酸スコア100の食品

 

肉類や魚類のほとんど、大豆もアミノ酸スコア100で、タンパク質として良質だと評価されています。

 

そのほか、牛乳や乳製品、卵、魚の加工品であるかまぼこもアミノ酸スコア100の食品です。

 

記事ランキング