リバウンドしないダイエット-注意事項その1

リバウンドしないダイエット-注意事項その1

ダイエット中に、おやつ禁止、炭水化物禁止、など禁止事項で自分を縛りすぎるのは、ドカ食いなどによってリバウンドを招く恐れがあります。

炭水化物は、脳の唯一のエネルギー源ですから、不足すると頭がぼーっとしたりします。
炭水化物も体に必要な栄養素ですから、1日に必要な適量分は摂取するべきです。
必要な栄養素が不足すると、身体の機能が落ちて、代謝が悪くなり、結局ダイエットのためになりません。

 

 

また、おやつに関してですが、まず、食べたいのをがまんしていると、尚更食べたい気持ちが高まります。
がまんはストレスです。
ストレスは、自律神経のバランスを崩し、脳の食欲中枢を混乱させてドカ食いの原因となります。

 

 

おやつはストレスを軽減してくれるものでもありますから、量や時間など、決め事を守って食べるのがおすすめです。

 

たとえば、、、
午前中から午後16時までの間なら食べてもいいことにする。
食べるおやつのカロリーは、100kcal程度を目安に、最大で200kcalまでにする。

 

 

今までおやつをとっても沢山食べてきたひとは、いきなり減らさずに、20%減くらいの感じで減らしてみてください。それに慣れたらまた少しだけ減らす、という風に時間をかけて少ないおやつにしていくのがオススメです。

 

 

コンビニでおやつを買う時には、パッケージの裏のカロリー表示を確認して、カロリーを意識して買いましょう。

 

 

また、おやつを食べる時には、ながら食べをせずに、お茶を入れて、お皿におやつをきちんとのせて、楽しみながらゆっくりとお茶の時間を満喫してください。
ポテトチップなどは、袋のまま食べず、食べる分を小皿にのせて、残りは袋をとめてしまってしまいましょう。

 

 

ダイエットは1週間かそこらで終わるものでもありません。
「○○は絶対に食べない」なんて決めても精神的に自分を追い詰めるだけです。
太りやすい食材は、工夫して上手に食べるようにするのがリバウンドしないダイエットの基本です。

 


記事ランキング