野菜と果物の違い

野菜と果物の違い

ダイエット中にもたくさん食べたい野菜と果物は、ミネラルやビタミンCを多く含む点で共通点が多い食材です。また、食物繊維、ポリフェノールも多く含みます。
そして、生で食べると酵素も摂れる健康食材です。

 

では、野菜と果物の違いはなんでしょう?

まず、野菜は緑黄色野菜とその他の野菜に分けられます。

 

緑黄色野菜は、色の濃い野菜で、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、にら、などです。

 

五訂日本食品標準成分表では、可食部100gに対してカロテンを600μg(0.6mg)以上含むものを緑黄色野菜としています。

 

オクラ、トマト、ピーマンなどは、100g中のカロテン含有量は600μg未満ですが、食べる頻度や1回に食べる量が多いことなどから緑黄色野菜に分類されています。

 

緑黄色野菜は、ビタミンAの先駆体であるカロテンを豊富に含み、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ミネラルも豊富です。
ビタミンAを摂りたい時には緑黄色野菜がおすすめです。

 

その他の野菜は、カロテンの含有量は緑黄野菜に比べると少ないですが、ビタミンCが豊富です。
大根、白菜、ねぎ、すいかなどがその他の野菜に分類されます。

 

いずれにしても、栄養価が高く、カロリーが少ないので
ダイエット中にも積極的に食べたい食材です。

 

 

では、果物はどうでしょうか?

 

果物はビタミンCを豊富に含みます。
ただ、カロテンはあまり含んでいないので、果物からビタミンAは充分に摂取できません。

 

では、果物がその他の野菜と同様かというと、そうではありません。
果物は糖分を多く含むため、エネルギーが野菜よりも高く、食べすぎには注意が必要です。
夕食後のデザートとしての果物は、ダイエット中にはあまりオススメできないんです。
フルーツは朝食べるのがお勧めです。

 

1日の野菜、果物の摂取目安は、緑黄野菜を200g、その他の野菜と果物で100gです。

 


記事ランキング