体脂肪になり易い、果糖ぶどう糖液糖に注意しよう

体脂肪になり易い、果糖ぶどう糖液糖に注意しよう

専門家の間では、最も体脂肪になりやすいい糖といわれている、果糖ぶどう糖液糖。
甘いドリンクや食品の原料としてよく見かけます。

 

果糖ぶどう糖液糖とは?

 

トウモロコシやじゃがいも、さつま芋などを原料として、でんぷんを酵素でぶどう糖に分解(含有率:10%~50%)、さらにその1部を分解して果糖(含有率50%~90%)に変えた液状の糖のことを言います。
お砂糖に近い甘みで、カロリーも同等だそうです。
食品添加物ではなく、食品です。


わたし達は、エネルギーを使ってでんぷんを体内の酵素で分解しています。
インシュリンが、分解後の糖をエネルギーとして肝臓や筋肉に蓄えますが、余分で蓄えきれないと、脂肪として貯蓄してしまいます。
すでに分解されたぶどう糖を飲むということは、手続きを1こ踏んじゃってるわけですし、ドリンク類で無意識に沢山摂取してしまうので、、、

 

なるほど、体脂肪になり易いというのは理解できますね。
甘いドリンク類は砂糖を飲んでるようなもの、太りやすいと心得ておきましょう。

 

さらに、のどが乾いたからと、空腹の状態でこの果糖ぶどう糖液糖の多い飲料を飲むと、血糖値の乱高下を起こす恐れがあります。
過剰な糖分を急激に摂取すると、血糖値が急上昇し、インシュリンが大量放出されます。
これは、一時的に糖尿病状態になったのと同じです。

 

100mgあたり10g程度の糖分を含む飲料で、知らず知らずのうちに糖尿病状態をつくってしまうケースがあり、ひどい時には倒れることもあるそうです。
これが「ペットボトル症候群」です。

 

嗜好品は、飲んだり食べたりする前に、この果糖ぶどう糖液糖が入っていないか、チェックしてみましょう。
そして、入っていたら要注意!
血糖値を上げたくなかったら控えるのが得策です。

 


記事ランキング