日本一肥満が少ない三重県。理由は?

日本一肥満が少ない三重県に学ぶダイエット

三重県は全国都道府県の中で日本一肥満が少ない県なのだそうです。テレビ番組「所さんの目がテン!」では、県民の食生活や県民の傾向などから肥満になりにくい要因を探っていました。また、得する人損する人でも家事えもんがリサーチしていました。

三重県民の男女ともに肥満が少ない理由

肥満が少ない理由その1:米油

 

あまり馴染みのない食用油「こめ油」。三重県桑名市が米油の産地であることから地元の人々の多くが普段から使う油です。酸化しにくい油なので加熱調理にも向いています。

 

ビタミンEとγオリザノールが特に健康にいいとされる米油の成分です。
【こめ油には健康の増進に寄与する多くの微量成分が含まれているという特徴があります。先に述べたビタミンEは、体内の脂質を酸化から守り、健康な細胞を維持するのに役立っています。
γオリザノールは成長の促進や自律神経失調症緩和の効果が明らかにされており、ビタミン剤の原材料の一部として利用されています。また、豊富に含まれる植物ステロールは、コレステロールを引き下げる働きが強いことが知られています。】

桑名のこめ油 油清サイトより

 

番組によれば、脂肪を分解しやすくするスーパービタミンEが豊富なことが米油で肥満者が少ない理由だそう。
体内の脂質は酸化されると分解しにくくなる傾向があり、これが肥満や動脈硬化などにつながります。米油のスーパービタミンEは抗酸化物質ですから、暴飲暴食、喫煙やストレスなどによって起こる酸化ストレスを抑えてくれるのです。

 

 

肥満が少ない理由その2:犬の散歩

 

三重県は100人中7.4人が犬を飼っていて、これは全国1位。
犬を飼っていると犬の散歩をします。

 

犬を散歩する時、犬があちこちに興味を持って蛇行するため、普通に散歩する時よりも歩数が増えるそうです。
また、犬に引っ張られた時、腕は力が入った状態で伸ばされます。
これをエキセントリック収縮と言って、脂肪燃焼にいいのだとか。

 

 

肥満が少ない理由その3:お酒

 

三重県はビール酒の購入費用が全国最下位。ワインの消費量は下から2番めというお酒を飲まない県なのです。
お酒が飲める体質かどうかを決める遺伝子のうち、お酒をほとんどうけつけないDD型という遺伝子が日本一多いという、日本全国で最も遺伝子的にお酒が弱い県民なのだそうです。

 

お酒を飲まないため、余分なカロリーを摂取せずに済み、肥満が少ない要因になるのです。

 

 

肥満が少ない理由その4:ひじき

 

三重県民は海藻をよく食べるそうです。なかでも、よく食べられているのがひじき。一般的なひじきに比べて太くて食感も柔らかい伊勢ひじきがポピュラーです。

 

ひじきは食物繊維がごぼうの7倍も含まれ、ダイエットにいい食材です。ただ、伊勢ひじきはこの地方以外ではなかなか売っていません。(ちなみに、東京のスーパーでは芽ひじきと長ひじきがよく売られています。長ひじきのほうが伊勢ひじきに近い大きさでおすすめです。)

 

そこで、家事えもんは、一般的なひじきを伊勢ひじきのようにやわらかくする戻し方の得ワザを考案!

 

水に砂糖を入れてひじきをもどすと浸透圧の関係でより水分がたくさんひじきの中に移動してやわらかくなるそうです。

 

家事えもん考案、楽やせひじきレシピ

サラダお好み焼き
材料:ひじき(もどしたもの)70g、もやし40g、レタス、ミニトマト、卵黄
(生地)小麦粉大さじ3、粉チーズ大さじ2、卵白(1個分)

 

生地の材料を混ぜ、ひじきと半分にちぎったもやしを加えてよく混ぜます。
片面4分、ひっくり返して3分焼きます。
焼き上がったら1cm角ほどに切ったレタスとミニトマトをトッピングし、中央に卵黄を乗せます。
ソースをかけたら出来上がり。

 

生地の小麦粉を減らして替わりに粉チーズを入れることで、糖質を減らし、カリッと焼き上がります。

 

伊勢ひじき

煮崩れしないシッカリとした!伊勢志摩のミネラルをギュっ~っと染み込んだ伊勢ひじき100g[三重県]

価格:1,170円
(2018/5/10 21:07時点)
感想(16件)

楽天

 

 

記事ランキング