食べる水素で マイナスイオン ダイエット(中年におすすめ)

スポンサーリンク

食べる水素で マイナスイオン ダイエット(中年におすすめ)

食べる水素は、マイナスイオンの効果で、活性酸素を除去し、血行をよくして代謝を高めます。
実際に「食べる水素」を試した人達の間では、健康とダイエット、両方の効果を感じる人が多いのです。


たとえば、
生活習慣病の改善のため、食べる水素を摂取したら、高かった血圧が大幅に下がっただけでなく、体重が15キロも減った。(46歳 男性)
13キロ痩せて、糖尿病で悪化していた腎機能が正常になった。(67歳 男性)
冷え性が改善して3キロ痩せた。(51歳 女性)
パニック障害や冷え性が消えて、体重も7キロ減った。(37歳 女性)
などの体験談があります。

 

 

飲むだけでマイナスイオンをたっぷり体内に取り込める

 

食べる水素は、つまり、食べるマイナスイオンです。
抗酸化作用により、活性酸素が除去されて血行が促進されると、代謝がよくなり、
寝ている間にもたくさんのエネルギーを燃やす事ができるようになります。
また、酸素や栄養が体のすみずみまで行き渡り、同時に体内の老廃物は効率的に排出され、痩せやすい状態になるのです。

 

 

ダイエットにいい代謝アップ方法として、半身浴や岩盤浴、ストレッチやリンパマッサージなどをしますが、これらも血行をよくしたり、デトックス効果を狙うものです。
サプリメントを飲むだけでこの効果を得られるのですから便利です。

 

また、エステで行なうイオンパックもマイナスイオン効果で痩身を促す施術方法です。
食べる水素は、マイナスイオンを2つ持った水素を固体化して摂取できるようにしたサプリメントです。
飲むだけなので簡単に毎日続けられます。

 

 

マイナスイオンが除去してくれる活性酸素とは?

 

活性酸素は、細胞を傷つけ、老化や生活習慣病を引き起こします。
老化と全ての病気の元凶ともいわれ、ガンを引き起こすのも細胞が活性酸素に傷つけられることに起因します。

 

活性酸素は、体内でエネルギーを作り出すときに発生したり、
タバコ、紫外線、食品添加物、農薬、ストレス、過度の飲酒、激しい運動などによっても発生します。

 

わたし達の体内では、活性酸素を除去するための酵素が合成されていますが、40代になると合成能力が衰えてしまいます。
疲れがなかなか抜けなくなったり、中年以上の人にガンや生活習慣病が増えることは、このことと無関係ではありません。

 

 

水素の基礎代謝アップ効果

 

水素のマイナスイオンは、活性酸素を無害な水に替え、血行をよくして疲労回復、代謝アップや免疫力向上に貢献します。

 

抗酸化物質というとポリフェノールを想像しますが、水素がもつマイナスイオンの抗酸化力はポリフェノールの100倍以上。
また分子サイズが小さいため、脳まで入っていって活性酸素を無害化することができるのは水素だけなんです。
健康ダイエットを目指す方は、試してみる価値がありそうです。

 

 

▽マイナスイオン サプリメント
体内で水素が長時間発生!話題の水素サプリ「ヘルシアーナ水素」

 

Zeo7(ゼオセブン)

 

 

マイナス水素イオンは、中年以上の人のほうが効果を感じやすく、健康な若い方だと、あまり効果をはっきりと感じられないかもしれません。
わたしは40代半ばですが、とても疲れている時に飲んでみて、その効果に驚きました。
水素サプリ 体験
痩せるためというより、疲れを取るため、アンチエイジング用に愛用してます。

 

 

“特許”ゼオライト水素還元サプリ(お試し有)

 

記事ランキング