黒しょうが+5つの黒スリム

黒しょうが+5つの黒スリム

食べたいけどダイエットしたい!そんなわがまま女子を助けてくれる【黒しょうが+5つの黒スリム】。
[黒しょうが]を中心に[黒玉ねぎ]、[黒にんにく]、[黒こしょう]、[黒はちみつ]、5つの黒い食材を一度に摂れるダイエットサプリメントです。使われている食材にはどんな栄養があるのでしょう?

 

 

 

 

黒い食べ物のパワー

黒ショウガ

 

黒しょうが(学名Kaempferia parviflora)は原産国タイではクラチャイダム(Krachai Dam)と呼ばれ民間療法に用いられてきました。生姜の一種ですが、クルクミンが含まれるため黒うこんとも呼ばれます。
「黒」しょうがという名前ですが、切り口は鮮やかな紫色をしています。紫色はブルーベリーなどでお馴染みのポリフェノール、アントシアニンです。しかも豊富に含まれていてブルーベリーの4倍だそうです。

 

 

注目はポリメトキシフラボノイドやメトキシフラボンと呼ばれるフラボノイド。
脂質の代謝に関わったり巡りをよくする働きが期待できます。メタボマウスでの研究では内臓脂肪減少の報告もあるそうです。

 

 

黒しょうがを食卓に取り入れたいところですが、亜熱帯性気候で育つため日本ではほとんど作られず、タイからの輸入に依存しています。そのためしっかり取り入れたいならサプリメントが現実的です。

 

 

黒こしょう

 

食卓でもお馴染みの黒こしょう。黒こしょうは熟す前の実を乾燥させたもの。白い胡椒は塾した実の皮を除去したものです。

 

 

コショウの辛味「ピペリン」が身体をあたためて代謝アップ。冷えを改善したり、脂肪燃焼をサポートしたり、ダイエットや健康にいい側面を持っています。

 

 

また多数のビタミン、鉄分、カリウムなどを含みます。

 

 

家庭用に粉末で売られているコショウは黒こしょうと白コショウを混ぜたものが多いそうです。ダイエット効果を期待するなら黒こしょうがベスト。

 

 

黒玉ねぎ

 

黒玉ねぎは玉ねぎの種類ではなく、発酵によって色が変化したものです。
発酵させることによりダイエットや健康にいい効果が増幅したものといっていいかも。

 

 

玉ねぎといえばサラサラ食材ですよね。
サラサラ成分シクロアリインは発酵パワーで40倍にもなります。ぽっちゃり化、血中のあぶらや糖の増加防止をサポートしてくれます。

 

 

さらに黒玉ねぎは発酵前の白い玉ねぎに比べポリフェノールも4倍に増えています。
トクホの関与成分として知られるケルセチンも玉ねぎのポリフェノールのひとつです。黒玉ねぎは皮付きで発酵させるので、粉末にしたものならケルセチンもたっぷり。
しかも発酵によって吸収しやすくなっているのもいいところです。

 

 

黒玉ねぎはプルーンみたいな味がするそうです。皮は食べられないので粉末のほうが成分はしっかり摂れます。

 

 

黒にんにく

 

黒にんにくも発酵によって黒い色になったものです。生ニンニクよりも抗酸化力が強くなっているそうです。

 

 

ニンニクは誰もが知る健康食材ですね。がん予防に信頼性が高い食品を集めたデザイナーフーズ・ピラミッドのトップに君臨する食品です。

 

 

ニンニクに含まれているスコルジンという物質は新陳代謝を高めて食べた栄養を効率よくエネルギーにするのをサポートしてくれるそうです。

 

 

そのニンニクが発酵パワーでポリフェノールは生の10倍に増加、機能性成分のS-アリルシステインは生の4倍だそう。

 

 

黒はちみつ

 

黒蜂蜜は、桃の花に寄生する微生物で発酵させたはちみつ。グルコース(糖の一種)がグルコン酸に変化しています。
コレステロールや血糖値をコントロールする作用が期待できるのだそう。

 

 

【黒しょうが+5つの黒スリム】

 

こんな人におすすめ
・ダイエットに失敗してしまう
・毎日の運動がめんどくさい
・食事制限がキツイ
・ストレスがたまってイライラ

 

 

食べてもOK!ささっと飲むだけ!ストレスいらず!


 

 

 

 

記事ランキング