ビヨンドとうふバー

新感覚プロテインバー「ビヨンドとうふバー」TOFU BAR

Beyond TOFU BAR

ビヨンドとうふバー(TOFU BAR)なるものをコンビニで見つけました。チルドのコーナーにあったので豆腐で作ったサラダチキンみたいな感じのもの?

 

どんな食べ物か知りたくて即時購入いたしました。

 

ビヨンドとうふバーとはどのようなプロテインバーなのか、食べてみた感想などをお伝えしたいと思います。

 



BEYOND TOFU BARとは?

Beyond TOFU BARは生タイプ

とうふバーのパッケージを開けてみると、このような食べ物が出てきました。

 

焼いたりしたものではなく、生っぽいというか、柔らかいです。

 

ビヨンドとうふバーは、相模屋さんから発売されている植物性プロテインバーです。

 

豆乳クリーム、大豆たんぱく、おからパウダーなどを使用して作られています。

 

この1本でたんぱく質10g、食物繊維4gを摂ることができます。

 

食べてみると甘さはけっこうある感じです。材料を見るとはちみつが使われており、糖質は8gとなっています。

 

原材料と栄養成分表示は以下の通りです。

 

原材料:

豆乳クリーム、粉末状大豆たんぱく、はちみつ、おからパウダー、食用ヤシ油、でん粉、粉飴、食塩/凝固剤、pH調整剤

 

栄養成分表示 1本60gあたり

エネルギー:148kcal
たんぱく質:10g
脂質:7g
炭水化物:12g
 糖質:8g
 食物繊維:4g
食塩相当量:1.0g

 

 


とうふバーは不思議な味

Beyond TOFU BARの断面

ビヨンドとうふバーを一口食べたら、結構甘さを強く感じました。豆腐っぽさはそれほどない。

 

甘かったので、砂糖でも使っているのかなと原材料を見てみたらハチミツでした。

 

勝手にサラダチキン的なものを想像していたので、甘かったのは意外でした。

 

なんか和菓子っぽい味がします。豆腐で作った白あんみたいな?

 

食感はスイートポテトとかの感じですが、ようかんを食べているような気持ちになります。

 

ほんのわずかな苦みが遠くのほうにあります。

 

味の表現がへたくそで申し訳ないです。

 

コンビニなどで手軽に手に入りますので、見かけたら試しに食べてみてください。

 


とうふバーはダイエット中にもおすすめ

Beyond TOFU BAR

けっこうずっしりしているせいか、食べ応えあるので、ダイエット中にスイーツの代わりに食べてもいいですね。

 

ビヨンドとうふバーは、たんぱく質が10g摂れる植物性プロテインバーです。

 

焼き菓子系やパフを固めたタイプのプロテインバーよりもどっしりしていて、これ以上何か食べようってなりにくいかもしれません。

 

あと、柔らかいので、よくあるかったいプロテインバーでは歯が立たない人にもおすすめです。

 

たんぱく質と糖質がほどよくとれて、食物繊維も入っているところがいいですよね。

 

コンビニで1本158円+税で買いました。

 

ビヨンドとうふバー(BEYOND TOFU BAR)の話題でした。

 

 


 


記事ランキング