番茶

番茶

ダイエット中のおやつには水出し番茶を一緒に飲むのがおすすめです。

番茶ポリサッカライド(多糖類 アラビノース・リボース・グルコース)が豊富。
ポリサッカライドは体内でインスリンと同様の働きをし、血糖値を下げる働きがあります。
また、筋肉を強くし体力を増強する働きもあります。

 

番茶にはカテキンも多く含まれていますので、カテキンの脂肪蓄積抑制の効果も得られます。

 

甘いおやつを食べる時には番茶を一緒に飲みましょう。

 

ポリサッカライドが多く溶け出しますので、水だし番茶がおすすめ。
(ポリサッカライドは熱に弱い)

 

水出し番茶の作り方
水、約1リットルに対して、茶葉約30gが分量です。
飲みきりやすいお水の量で作ってください。

 

■冷蔵庫で作る場合
一晩(最低4時間以上)放置する。
12時間たったら葉はとりだす。
冷蔵庫で保存し、2~3日中に飲みきる。

 

■常温(室温約20度)で作る場合
約2時間放置する。
6時間以内には葉は取り出して冷蔵庫で保存し一日で飲み切る。

 


記事ランキング