スポンサーリンク

カレースープ ダイエット

簡単で挫折知らず、便秘・むくみ・肌荒れを治しながら痩せられる!
例えば、40代男性で、10キロの減量に成功して、ウエストはマイナス8センチ、友人からは顔があまりに細くなったと驚かれた、なんていう体験者も。
インド・アーユルヴェーダの考え方に基づく健康増進法でもあります。

アーユルヴェーダでは、3つの生命エネルギーのバランスを保つのが重要なのだそうです。
3つの生命エネルギーとは、
食べ物が腸などを運ばれていったり、老廃物を排泄したり、血液が循環したりするエネルギーである「ヴァーダ」。
消化・代謝・解毒をつかさどる「ピッタ」。
栄養・滋養や安定をつかさどる「カパ」。

カレーのスパイス効果で「カパ」(増えすぎると肥満を引き起こす)が過剰になるのを防ぎ、「ヴァーダ」と「ピッタ」を増やそうとするのが、カレースープダイエットです。
数種のスパイスがミックスされたカレー粉を使って簡単に作れるスープで減量します。

ダイエット用カレースープのレシピ。

器にカレー粉(小さじ1/4〜1/2)と粉末スープ(小さじ1程度)を入れます。
乾燥わかめと糸寒天を加えます。
お湯を400mlほど注ぎ、軽くかきまぜます。
具が柔らかくなったら出来上がり。

※作ってから時間が経つとスパイスの薬効が落ちますので、スープの作り置きはしないこと。
※スパイスや、粉末スープの量は、お好みで調節してください。


このカレースープを1日に1回以上、食前、もしくは食事代わりに食べます。

具はお湯でもどるものなら何でもOKなので、市販の乾燥味噌汁の具などでもいいと思います。

家で作るなら、小鍋でお湯を沸かしながら、乾物や(冷凍)野菜、きのこ類などを放り込んで茹でてしまえば、簡単に具沢山スープにできます。
乾物のきくらげや干ししいたけなどは、手でパリパリと割って鍋に入れるだけです。

スパイスは代謝を高めたり、脂肪燃焼にも役立ちます。
カレースープダイエットで代謝アップして痩せましょう!

きのこで痩せよう!きのこダイエットについてまとめ



Pick Up!

10日で下腹がひっこんだ!

2日で1.6kg減!お腹マイナス8cm!
dietsupli.JPG
なかったことにする系サプリメントをちゃんと飲んだ友人は痩せ、いつも飲み忘れるわたしは・・
→カロリストンのレビューはこちら


「効果があった痩せるダイエットサプリメントTOP3」
→ランキング結果はこちら

2009年07月21日 16:27