スポンサーリンク

にんじんリンゴジュースで10日間ダイエット

無駄な体重を減らし、肌細胞を若返らせ、白髪を予防する効果もある、
スペシャルドリンク「にんじん リンゴ 塩ジュース」。
このジュースで朝だけプチ断食の状態を作り、10日間のダイエットで2.5キロくらいの減量を目指します。
10日間のうち、ラスト3日間で体重がぐんと減る人が多いのが特徴です。

ジュースを飲む女性

にんじん リンゴ 塩ジュースのレシピ

材料(1食分)
にんじん 2本(約400g)
リンゴ 1コ(約300g)
塩(自然塩がベター) 適量
(レモン汁を入れるとビタミンがより多く摂れます)

作り方
新鮮な にんじん とリンゴをよく洗って皮ごと粗くカットし、ジューサーに入れます。
リンゴの種には、ビタミンB17が含まれています。できれば取り除かずに使いましょう。
ジューサーで作るほうが美味しいですが、なければ、ミキサーでも可能です。
ミキサーの場合は、水分を少し加えて混ぜてから、こしてください。
コップに注いで、自分がおいしいと感じる量の塩を入れれば完成です。塩分は控えめに。

時間がない時は、にんじんジュースとリンゴ ジュースを混ぜてもOKです。
ただ、酵素や食物繊維などは、フレッシュな素材で作るほうが沢山摂れますので、できるだけ基本の作り方で、飲む直前に作るのが理想です。

ミキサーでにんじんリンゴジュースを作る時は、混ざりやすくするために水分を足しますが
できるだけ水を追加しないためには、水分の多いリンゴからミキサーにかけて、
人参をミキシングするときには、そのリンゴの絞り汁を足すといいです。
ミキサーも持っていないという人はおろし器ですりおろしてから絞ります。

こす(絞る)のには、色々試した結果、米とぎ袋に入れて絞るのがおすすめです。
網目の大きさが絶妙なんです。
ちなみに、ミキサーやおろし器は作るのに時間がかかります。
また、量も多くなります。


10日間ダイエット にんじん リンゴジュースでプチ断食のやり方

朝食代わりに、にんじん リンゴ 塩ジュースを飲みます。
余分な水や老廃物を排出する力を高める、プチ断食の状態が作れます。


お昼ごはんは、そばを食べましょう。
断食後の回復食の役割ですので、胃に優しい、消化のいいものを食べてください。
ざるそば、とろろそば、ワカメそばなどがお勧めです。
体を温める薬味は、たっぷり入れましょう。

代用として、和定食にしてもOKです。消化し易いものを腹7分目くらいの感覚で。
油っこい食べ物や肉類は避けます。

夕食は、和食を中心に、好きなものを食べて構いません。
お酒も適量なら飲んでもOK。
食物繊維の多い食材や、体が温まるものを積極的に食べると効果が高まります。


慣れたら酵素液断食を

このにんじんリンゴジュースを飲むと、意外とお腹がすかないことがわかると思います。
酵素や栄養が充分だからです。

これに慣れたら、様々な植物を発酵熟成させて作られた酵素液でダイエットするといいと思います。
酵素液は、にんじんリンゴジュースの何倍もの栄養と酵素を含んでいます。
1食おきかえダイエットか、あるいは、2日間酵素液だけですごす酵素断食もおすすめです。

参考:酵素液で週末2日だけのダイエットレポート


管理人も10日間ダイエットしてみました

出来上がったにんじんリンゴジュースはとてもおいしく、量もたっぷりなので、意外と満腹になります。
ビタミンなどの栄養がしっかり摂れるからだと思いますが、空腹感がこないし、身体に満足感があって、健康になった気分でした。

10日間朝だけ断食をした後、週末に半日断食(1日2食をにんじんリンゴジュースにする)もやってみましたが、空腹という意味では全然辛くもないし、体重も減りました。
身近な食品で行なえるので、お勧めなダイエットです。

ただ、我が家にはジューサーがなく、ミキサーで毎日断食用ジュースを作るのがたいへんでした。
最初のうちはジュースをつくるだけなのに30分もかかってしまいました。

また、コップ3杯分くらいになるので、飲むと身体が冷え切ってしまうのが少しつらかったです。
しばらく寒くて動けなくなります。あったかいショウガ紅茶を飲んだりして乗り切りました。
女性や、冷え性の人は、ちょっと注意が必要かなと思います。


酵素粒の併用もお勧め

にんじんリンゴジュースダイエットは、酵素と栄養が豊富な食材を使っているところが肝です。
そのため、高カロリー食、過食、アルコールの飲みすぎ、たばこ、ストレス、睡眠不足などで体内の酵素が減っている人は体重減の効果が出にくい場合があります。

そういう方には多種類の植物を発酵熟成させて作った植物酵素を摂取すると相乗効果が狙えます。
酵素はサプリメントで入手できます。

参考:
酵素粒ダイエットに関する記事はこちら


ジューサーがあると便利です

前述のように、ミキサーやすりおろしでジュースを作るのは、時間と手間がかかって結構たいへんです。

この断食ダイエットをやるなら、手間も要らないし、1分くらいでジュースが出来上がっちゃう、優秀なジューサーがあると相当楽。
たとえば、下のようなジューサーは、リンゴとにんじんの栄養たっぷりのジュースをものすごくしっかりと搾り取ってくれます。パイナップルも皮ごと絞れちゃうパワー。

一人分がつくりやすいジューサーとしては、、マジックブレットがおすすめ。
ジューサーセットが附属してるんです!
コンパクトなので置き場所に困らないですし、ジューサー部分がそのままカップとして使えるしくみになっているので、洗い物も少なくてすみます。
色もピンクとベージュが新発売してキッチンに置いておくのもおしゃれ。


関連記事:
このジュースよりも栄養価が高く大きな効果も期待できる酵素液でのダイエットもオススメです。
酵素断食ダイエットについて

ベジーデル断食酵素でダイエットした時のレビュー記事はこちら
ベジーデル酵素液で週末2日だけダイエット。半断食体験しました

広告 ダイエット食品10年連続第1位は?



Pick Up!

骨盤ダイエットベルトの体験談 2日で1.6kg減!お腹マイナス8cm! 効果があった痩せるダイエットサプリメントTOP3

記事ランキング

2012年02月23日 11:05