豆腐麺

スポンサーリンク

夏のダイエットにおすすめ!すぐ食べられておいしい豆腐麺2選

麺を食べる女性

薄着になる季節はもうすぐそこです。ダイエットを始めた人、やろうかなと思っている人も多いと思います。ダイエットには麺類は敵!だから、諦めてる?そんなみなさんに、水を切るだけなどの簡単調理ですぐに食べられて、しかも美味しい豆腐面を2つご紹介します。

 

豆腐麺の良さは、低カロリー、低糖質な上にタンパク質がとれること。豆腐の麺といっても、豆腐そのものを細くカットしたのではなく、プラスアルファの食材を加えて麺として食べられるようになっています。味も豆腐の味がするわけではないんです。ロカボ麺はまずいイメージがあるかもしれませんが、最近は美味しいのも出てるんです。

 



紀文 とうふそうめん風

 

ひとつめは、紀文の「とうふそうめん風」です。原材料は、大豆プラスでんぷん質。この豆腐麺は、見た目だけじゃなく、味や食感もしっかりそうめん風にできています。普通にそうめんを食べたみたいだから、初めて食べた時は結構驚きました。なので、そうめんが食べたい時はこれを食べようって思います。食べ方は、冷やしておいて水をきるだけなので、そうめんよりも手間いらずです。しかも、栄養的にダイエットにとってもおすすめ!

 

紀文 とうふそうめん風
栄養成分表(1食麺140gあたり・つゆ含)

  • エネルギー 101キロカロリー
  • タンパク質 6g
  • 脂質 3.2g
  • 糖質 10.9g(麺だけなら6g)
  • 食物繊維 2.3g
  • 食塩相当量 2.4g

 

小麦粉のそうめんを同じ140g食べたら、麺だけで178キロカロリー、糖質は34.8gも摂っちゃいます。

 

同じシリーズに玉子とうふそうめん風もあります。栄養的にはとうふそうめん風にちょっと負けますが、味はこっちのが美味しいです。

 

紀文のとうふそうめん風は、ローソンやスーパーに置いてある確率が高いです。紀文のオンラインショップでも入手できます。

 

糖質0g麺も紀文です。

 

 

 

相模屋 とうふ麺

 

ふたつめは、相模屋のとうふ麺です。相模屋はモッツァレラチーズのような豆腐やマスカルポーネチーズのような豆腐などをラインナップするナチュラルとうふシリーズで人気の豆腐屋さんです。女性を意識したおしゃれなお豆腐製品が多いメーカーです。

 

相模屋のとうふ麺は、豆乳をベースに作った麺を使用しています。紀文のとうふそうめん風と違い、ちょっと海藻のような食感をしています。麺には味はほぼありませんが、スープによく絡むので美味しくいただけます。

 

相模屋とうふ麺冷麺
麺だけでも販売されていますが、おすすめは冷麺。クリーミーな豆乳に麺が浸かった状態で販売されていて、そこに大豆だしのめんつゆを入れて食べます。優しい味わいのスープがとても美味しい冷麺です。麺じたいは食べごたえがあまりないので、ゆで卵などトッピングをして食べるのがおすすめです。

 

相模屋さんの商品はスーパーで見かけることが多いので、こちらもあるかもしれません。
通販なら公式サイトの相模屋楽天市場店がおすすめです。

 

 

現在冷たいとうふ麺のみ販売中

(あたたかい麺はおやすみ中です。)

 

>> 相模屋 おとうふshop <<

 

 

低糖質で美味しい豆腐麺を2つご紹介しました。ダイエットしてても麺類が食べたい時、あきらめずに低糖質・低カロリーな豆腐麺を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

低糖質・ローカーボな麺については、低糖質麺クラブも見てみてください。

 

 

記事ランキング