筋トレのあとに有酸素運動で効果絶大

スポンサーリンク

筋トレのあとに有酸素運動で効果絶大

やせる為には、すでに身体に溜めてしまった体脂肪を燃やしたい。
さらには、これからの生活で体脂肪を溜めにくい身体にしてしまえば、リバウンドもありません。

 

そのための運動を効率的にする方法があります。


以下2つを満たす運動をすることがやせてリバウンドしない為に必要です。

 

(1) 基礎代謝をあげる=筋肉量を増やす
(2) 蓄積された体脂肪を燃やす

 

 

<無酸素運動「スロトレ」で筋肉量を増やす>

 

このサイトでは、筋肉量を増やす為の無酸素運動として「スロートレーニング」を推奨します。
マシンを使うような、きつい筋トレではなく、1日か2日おきに10分程度行うプチ筋トレです。
軽めの筋トレなのに筋肉がいっぱい運動したと勘違いしちゃうお得な、しかも効果あるトレ-ニング方法です。

 

しかも、プチ筋トレは、毎日行うと効果が得にくいので、なんと毎日やっちゃだめなんです。
ちょっとラッキーでしょ。1日おきか2日おきに行いましょう。

 

<無酸素運動→有酸素運動 で体脂肪を燃やす>

 

この無酸素運動の後に、有酸素運動をすると、とても効率的に蓄積された体脂肪を燃やす事ができます。

 

筋トレなどの無酸素運動をすることで分泌される成長ホルモンにより、脂肪分解酵素リパーゼが分泌されます。
リパーゼは運動開始から分泌が始まり、45分~60分後に最も分泌量が増加します。

 

 

有酸素運動といっても、時間がないときには3分間のサーキット運動のみ。
体温と心拍数を上げ、血中に酸素を送ると体脂肪が効率的に燃やされます。

 

時間のあるときにはその後にウォーキングしたり、買い物に行ったりして、もっとたくさん体脂肪を燃やしちゃいましょう。
体温が上がるのでお風呂に入るのもOKです。

 

この無酸素→有酸素 の順番が重要です。
身体のしくみにあわせて、効果的に体脂肪を燃やしましょう。
この理論を取り入れたサーキット運動なら、短時間で効率的に脂肪を燃やすことができます。

 

参考記事:2か月で10kg!BYE-10ダイエットプログラム(短期で体脂肪率減とお腹痩せ)

 

記事ランキング